コラム

UAEメディアが今になってイスラエルとの国交正常化を礼賛し始めた理由

2020年09月08日(火)06時40分

ところが、半月たってUAEの新聞には「和平合意」や「平和条約」という言葉があふれている。UAEはイスラエルとの単独和平について、アラブ世界から強い反発が出ないかどうか様子を見て、大丈夫と判断したのだろう。

合意発表の後、パレスチナ自治区の各地では合意反対のデモがあり、自治政府はUAEからの大使召還を決めた。しかし、パレスチナの怒りや反発がアラブ世界に広がらなかったことで、UAEは「平和条約」と公言するようになっている。

イスラエルメディアには政府筋の情報として、ワシントンで調印される国交正常化合意は1979年のエジプトや1994年のヨルダンと同じく「平和条約」の調印となるという観測記事も出ている。もし事実ならば、アラブ世界で3カ国目となる。UAEも国内、アラブ世界向けに「平和条約」を既成事実化しようとしているのかもしれない。

今回の合意で最大の敗者はパレスチナ自治政府だといわれるが、パレスチナはこの間に2度、敗れたといってもいいだろう。

41年前のエジプト・イスラエル国交正常化は「冷たい平和」

私は例年、夏と秋は中東に滞在しているのだが、今年は新型コロナの影響で中東に行くことはできないため、このニュースを日本から見ている。だがメディアが政府によって規制されている中東では、新聞、テレビの報道を見ただけでは、国民の反応は分からない。

41年前のエジプトの平和条約の時、私は大学生としてカイロに留学していたので強い印象が残っている。連日、新聞では「平和条約」の見出しが踊り、カイロ中心部のタハリール広場には当時のサダト大統領のことを「平和の英雄」とたたえる巨大な肖像画や横断幕が並んだ。

サダト大統領はイスラエルの首相とともに、ノーベル平和賞を受賞した。しかし、人々の間ではイスラエルとの平和条約の評判は散々だった。

エジプト人の家に招かれると、「イスラエルは信用できない」「これは間違った決断だ」などと和平に対する批判とともに、それまで4度の中東戦争で戦ったり、負傷したりした経験を聞かされた。

エジプトはシナイ半島でイスラエルと接し、それまで中東戦争を担ってきた国だった。1973年の第4次中東戦争は、和平のわずか6年前である。平和条約を締結したことで、エジプトはアラブ連盟から除名され、すべての国から国交断絶された。

当時のエジプト人にとってはもちろん、アラブ人一般にとっても、イスラエルとの和平といわれても、遠い世界のことだったのだろう。

1年のカイロ留学を終えて1980年に帰国し、81年から新聞記者として働き始めたが、その年、サダト大統領はイスラム過激派に暗殺された。サダト暗殺は過激派によるテロではあるが、その凶行の背景に、国民の間に広がった反発があり、一部の若者が歪んだ正義感を暴発させる空気が醸成されていたのだろうと考えた。

私はその後、新聞社の特派員としてエジプトに4回、赴任することになったが、エジプトとイスラエルの関係は「冷たい平和」と言われ、正常な国交には程遠い関係だった。エジプト人の作家やジャーナリスト、俳優、ダンサーがイスラエルに招かれて行くだけで、エジプト社会から強い批判を受ける。戦争を経験した国が和平を結ぶのは政府間の決断であるが、両国民が和平を実現できるかどうかは別問題である。

【関連記事】イスラエル・UAE国交正常化が「究極のディール」の成果にしては貧弱な訳

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米最高裁への支持低下、中絶巡る判決で=ロイター/イ

ビジネス

米FTC、ウォルマート提訴 送金サービスの詐欺対策

ワールド

日米韓合同演習、「アジア版NATO」の前触れ=北朝

ビジネス

ゴールドマン、消費者部門で年間12億ドル超の損失見

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中