コラム

シリア内戦と日本の戦争体験はつながっている

2017年03月16日(木)11時53分

シリア中部ホムスにて(2012年1月) Ahmed Jadallah-REUTERS

<内戦開始から6年がたち、いまも続くシリアの悲劇。ドキュメンタリー映画『シリア・モナムール』にも描かれる無差別「空爆」の残酷さは、約70年前、日本で30万人以上の死者を出した「空襲」とつながっている>

3月11日、シリア内戦を扱ったオサーマ・モハンメド監督のドキュメンタリー『シリア・モナムール』(2014年、公式サイトはこちら)の栃木県小山市での上映会に招かれ、上映の後、シリア内戦について話をした。私はこの映画を昨年の劇場公開前の試写会で見たが、すでに1年近くたち、細部の記憶が曖昧になっていたので改めて上映会で見直した。

映画は6年前の2011年3月に始まったシリア南部の都市ダラアでの大規模デモの映像から始まる。同年1月、2月にチュニジアとエジプトの強権体制を崩壊させた若者たちのデモ「アラブの春」が、シリアにも波及していた。ダラアでは10代の少年たちがアサド政権の崩壊を求める落書きを描いたために警察に拘束され、その釈放を求める市民のデモが激化し、それに警官隊が銃撃し、市民の死者が出た。それがシリア内戦のきっかけとなる。

【参考記事】シリアの惨状を伝える膨大な映像素材を繋ぎ合わせた果てに、愛の物語が生まれる

映画の前半は、ダラアでのデモの激化とデモ隊の流血、それに対して抗議するデモがシリア国内で広がっていき、それを制圧する警察・軍の出動で、流血が拡大する様子を見せる。

映画は、デモに参加した匿名の市民がYouTubeに上げた映像をドキュメンタリーとして編集したものだ。特に政権軍に殺害された市民の遺体の映像、画像がこれでもかと映される。日本の新聞、テレビなどのマスメディアで遺体がそのまま映ることはなく、戦争の痛ましさに衝撃を受ける。

【参考記事】「瓦礫の下から」シリア内戦を伝える市民ジャーナリズム

映画の後半、パリに亡命したムハンマド監督が、反体制勢力の支配下にあり、政権軍に包囲されているシリア中部の都市ホムスにいるクルド人の女性シマヴとインターネットで連絡をとることで、ホムスが舞台となる。クルド人女性は現地の映像を撮影し、インターネット経由でアップしている。

シマヴがホムスから送ってくる映像に、ビルが立ち並ぶ都市の一角でいきなり巨大な火柱が上がる場面がいくつかある。政権軍による空爆である。廃墟となった街並みには、足を引きずる猫の悲痛な鳴き声が響く。

市民のアパートの一室に子供たちが集まる自主学校の映像もある。アパートでは子供たちは戦火の下にあることを忘れさせるほど元気がいい。しかし、小学校低学年の笑顔で並んだ姉弟が、次の画像では、目を閉じて血の気を失った遺体として並んでいる。包囲攻撃の下での空爆によって、多くの子供たちが犠牲になっている。

映画では、政権軍から出た映像、画像もある。戦車に乗り、記念撮影をするような映像。デモに参加した少年や若者に激しい暴行を加える動画。少年に兵士の靴にキスをさせて蹴り上げたり、アサド大統領の肖像にキスをさせながら暴行したりする場面。

裸で部屋の隅に膝を抱えてうずくまる少年の画像が、映画の中で繰り返し現れる。若者たちに暴行している兵士に、映像を撮っている者が「もっと蹴れ、頭を蹴れ」と指示する声が聞こえる。露悪趣味としか思えないような加害者の映像が、インターネットに公開されているのだ。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ワールド

米共和党、中間選挙にらみ支出拡大 5月は民主党の倍

ワールド

感染再拡大の兆しあれば適切に措置、五輪でも同様=加

ビジネス

前場の日経平均は大幅続落、早期の米利上げ思惑でリス

ワールド

日米韓、北朝鮮巡りきょう協議 米特使が訪韓

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中