コラム

シリアの惨状を伝える膨大な映像素材を繋ぎ合わせた果てに、愛の物語が生まれる

2016年05月17日(火)15時40分
シリアの惨状を伝える膨大な映像素材を繋ぎ合わせた果てに、愛の物語が生まれる

祖国の惨状を伝える膨大な映像素材を収集し、それらを再構築する独自の表現を模索する。オサーマ・モハンメド監督『シリア・モナムール』

 シリア人の監督オサーマ・モハンメドが作り上げた『シリア・モナムール』は、アラブの春以降の変動のなかで戦場と化し、殺戮が繰り返されてきたシリアを題材にしたドキュメンタリーだが、そこから浮かび上がる世界は既成のドキュメンタリーとはまったく違う。

 オサーマは、自身が緊迫した現場に乗り込んで、現実を切り取っているわけではない。彼は2011年のカンヌ国際映画祭のパネルディスカッションで、政府軍に不当に拘束され政治犯にされた人々の釈放を訴えたために、フランスへの亡命を余儀なくされた。そして、亡命先のパリで、祖国の惨状を生々しく伝える映像がネット上に日々アップされるのを目にした彼は、膨大な映像素材を収集し、それらを再構築する独自の表現を模索するようになった。

 さらにもうひとつ、オサーマの意識を変える出来事が起こる。シリアのホムス在住のクルド人女性シマヴからSNSを通してメッセージが届き、彼女との交流が始まったのだ。オサーマは、彼女が撮影して送ってくる映像にインスピレーションを受け、パリで疎外感や無力感に苛まれている映像作家と政府軍に包囲されたホムスでカメラを回し続ける女性をめぐる物語が紡ぎ出されることになった。

 これは、無数のシリア人が撮影した映像から成る斬新なスタイルのドキュメンタリーともいえるし、運命的に出会った男女の愛の物語と見ることもできる。だが筆者は、それらとは異なる意味で、その深みのある世界に引き込まれた。筆者がこの映画を観て思い出していたのは、昨年公開されたシリア人のタラール・デルキが監督したドキュメンタリー『それでも僕は帰る〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜』(13)のことだ。この2本の映画を結びつけてみると、オサーマの意識の変化が印象深いものになる。

監督のオサーマはこれまで様々な犠牲を払って映画を作ってきた

 『それでも僕は帰る〜』では、タラール・デルキ監督が、2011年の夏から反体制派の拠点のひとつであるホムスで活動するふたりの若者たちを追い続ける。サッカーのユース代表チームのゴールキーバーとして活躍したバセットは、歌とカリスマ性によって大衆を引きつけ、民主化運動のリーダーになる。彼の友人であるオサマは、カメラでデモなどを撮影し、ネットにアップして抵抗運動を広げようとする。

 しかし、2012年に入ってホムスが政府軍の容赦ない攻撃にさらされ、多くの市民が殺害されると、バセットのグループは抵抗運動を武装闘争へと転換していく。一方、オサマは政府による激しい弾圧のなかで重傷を負い、入院を余儀なくされる。そんな彼が退院すると抵抗運動の様相は一変している。やがて彼は姿を消してしまう。結局、バセットのグループは民主化運動から離れて、政府と乱立する反体制組織の対立という二元論的な図式に回収され、オサマが体現していた映像の力はその存在感を失っていくように見える。

 『シリア・モナムール』はそんな流れを踏まえてみるとより興味深い。監督のオサーマはこれまで様々な犠牲を払って映画を作ってきた。前作の脚本を書いているときには、電気技師の兄弟が投獄され、当局から脚本の内容をおとなしいものにしないと兄弟が拷問されると脅迫された。彼はそれでも変更を加えることなく、兄弟に敬意を表すために映画を作ったという。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、6月は前月比+5.7% コロナ

ワールド

インドネシア第2四半期GDP、前年比‐5.32% 

ビジネス

地銀、コロナ禍でも金融仲介と健全性の両立必要=金融

ビジネス

ホンダ、今期純利益予想は63.8%減の1650億円

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!