コラム

アイスランドがデンマークの統治下に置かれていた時代の物語『ゴッドランド/GODLAND』

2024年03月28日(木)17時09分
ゴッドランド/GODLAND

アイスランドの異才フリーヌル・パルマソン監督の新作『ゴッドランド/GODLAND』

<19世紀後半、アイスランドがデンマークの統治下に置かれていた時代の物語。アイスランドとデンマークの複雑な関係を炙り出すと同時に、自然のなかの極めて小さな存在としての人間の姿を浮き彫りにする......>

アイスランドの異才フリーヌル・パルマソン監督の新作『ゴッドランド/GODLAND』は、19世紀後半、アイスランドがデンマークの統治下に置かれていた時代を背景にしている。その始まりは、神話的な物語を予感させるが、次第にそんな枠組みから逸脱し、思わぬ方向へと展開していくことになる。

デンマーク人の若き牧師ルーカスは、司教からの命を受けて布教のために植民地アイスランドへと旅立つ。その任務は、辺境の村に教会を建てることだ。しかし、アイスランドの浜辺から馬に乗り、陸路ではるか彼方の目的地を目指す旅は、想像を絶する厳しさだった。

アイスランド人の老練なガイド、ラグナルとの間に軋轢が生じ、険しい地形、悪天候、不眠症などに悩まされるルーカスは憔悴し、狂気にとらわれていく。やがて瀕死の状態で目的地の村にたどり着いた彼は、デンマークから入植した農夫カールと彼のふたりの娘アンナとイーダに看護され、教会の建設を進めるが、孤立を深めていく。

アイスランドとデンマークをめぐる立場の違い

パルマソン監督は、植民地時代のアイスランドに関するリサーチをして本作の世界を作り上げているが、それ以上に重要な位置を占めているのがパルマソン自身の経験だろう。登場人物たちには、アイスランド人であり、アイスランドで育ち、デンマークで長く暮らしてきたパルマソンの人生が様々なかたちで反映されているように見える。

デンマーク人のルーカスはアイスランド語を理解できない。支配される立場にあるガイドのラグナルは、デンマーク語にいくらか馴染みがあり、デンマーク人に反感を抱いてもいる。入植者のカールは農夫らしくアイスランドに根づき、孤立するカールにとって癒しとなる長女アンナは、いつかデンマークに戻ることを望んでいる。

そんなふたつの国をめぐる立場の違いが、登場人物たちの関係に影響を及ぼし、変化させていく。

自然、水という要素が強く意識されている

ルーカスの過酷な旅を描く前半では、広大な平原や氷河、深い渓谷や滝、噴火する火山や溶岩流など、圧倒的な自然の風景に目を奪われる。それはいかにも神話的な物語の背景に相応しいが、先述したように事態は思わぬ方向に展開する。

この前半で筆者が特に注目したいのは、ルーカスと同行する通訳、上陸後に合流したラグナルと労働者たちが、河を渡るときに起こる悲劇だ。

増水した河に入って状況を確認したラグナルは、一度引き返して2日待つことを提案するが、ルーカスはそれを受け入れず、渡河を強行し、通訳が流されて溺死してしまう。その結果、アイスランド人たちとの意思疎通が困難になり、ルーカスは精神的に追い詰められていく。

この悲劇は、そこに至るまでに積み重ねられてきたエピソードと、直接的、あるいは間接的に繋がっているといえる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン氏陣営、選挙戦でTikTok使用継続する方

ワールド

スペイン首相が辞任の可能性示唆、妻の汚職疑惑巡り裁

ビジネス

米国株式市場=まちまち、好業績に期待 利回り上昇は

ビジネス

フォード、第2四半期利益が予想上回る ハイブリッド
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story