コラム

シリアの惨状を伝える膨大な映像素材を繋ぎ合わせた果てに、愛の物語が生まれる

2016年05月17日(火)15時40分

 この新作でも彼は、亡命者であることの負い目に苛まれながらも、そんな姿勢を貫こうとする。映画には、彼がYouTubeで見つけた、政府軍に捕らえられ、拷問を受ける少年の映像が、全体の象徴のように挿入される。彼が膨大な素材から選び出した映像には、弾圧の犠牲になった人々への敬意が表れ、人間の尊厳へのこだわりが滲む。

何を撮るべきかを模索し、より身近な世界を掘り下げていく

 但し、再構築された映像の流れは、大衆による民主化運動から武装闘争へと移行するなかで、政府と反体制組織の二元論的な図式に陥りかける。しかしそこで、オサーマの視点を大衆へと引き戻すのが、政府軍に包囲されたホムスに生きるシマヴの存在だといえる。彼女はオサーマとの交流を通して何を撮るべきかを模索し、政府軍による砲撃のような、誰もがカメラを向ける現実ではなく、より身近な世界を掘り下げていく。それはたとえば、戦火に巻き込まれて深い傷を負った猫たちの痛々しい姿や、彼女が始めた学校に集まった子供たちの表情や、そこで彼らに見せるチャップリンの映画の一場面などだ。

 シマヴが作ったのは革命派の学校だったが、そんな彼女は、学校を勝手に運営し、髪も隠していないなどの理由で、政府軍ではなく革命派に拘束される憂き目にも遭う。それでもホムスから逃げ出そうとしない彼女に、オサーマの心は揺れ動き、嫉妬にも似た感情を抱いたあげく、自らを省みることになる。彼は、独裁を生み出すのは社会の責任であり、独裁者を屈辱することは簡単だが、自身のなかに潜む独裁者を見つけ出すのははるかに難しいと考える人間だった。亡命者となった彼は、この映画を通して、あらためてそんな内なる独裁者の存在を確認していたのかもしれない。

《参照記事》
CAPTURED ON FILM: Can dissident filmmakers effect change in Syria? by Lawrence Wright | THE NEW YORKER

○映画情報
『シリア・モナムール』
監督:オサーマ・モハンメド
公開:6月18日よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開 全国順次ロードショー
© 2014 - LES FILMS D'ICI - PROACTION FILM

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ワールド

スペイン、コロナ感染者70万人突破 マドリード中心

ビジネス

インフレ率が近く上昇するリスク低い=リッチモンド連

ビジネス

世界経済見通し、3カ月前から改善 コロナ禍でなお困

ビジネス

米ターゲット、非接触型サービス要員倍増へ 年末商戦

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 9

    『わかりやすさの罪』から抜け落ちている「わかりや…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!