コラム

エジプトのキリスト教会テロはなぜ起こったか【解説・前編】

2016年12月22日(木)15時51分

Amr Abdallah Dalsh-REUTERS

<12月11日、カイロのコプト教(キリスト教の一派)教会で爆弾テロがあり、27人が死亡、イスラム国が犯行声明を出した。6年前にもコプト教会でテロがあったが、その時とは状況が異なる。背景にあるのは、エジプト政治の激動と、イスラム教徒とキリスト教徒の関係の変化だ> (写真はコプト教会テロ犠牲者の葬列、12月12日、カイロ)

 12月11日、エジプトのカイロにあるコプト教会で爆弾テロがあり、27人が死んだ。コプト教はキリスト教の一派で、エジプトでは人口の1割を占めている。過激派組織「イスラム国」が自爆ベルトを巻いたメンバーによるものとして犯行声明を出した。

 暴力が蔓延する中東で、イスラム過激派がキリスト教徒を標的にしたテロと言っても、あまり驚きはないかもしれない。しかし、エジプトではコプト教会への爆弾テロは2011年1月1日に地中海に面したエジプト第2の都市アレクサンドリアのコプト教会で起きて以来で、6年ぶりのことである。

 この6年間、エジプトは政治的な激動を経験した。「アラブの春」を象徴するエジプト革命によって強権体制が倒れ、その後、民主的な選挙でイスラム系大統領が誕生したが、1年後には軍のクーデターで排除され、現在は軍主導政権となっている。

 この流れの中で、イスラム教徒とキリスト教徒の関係を振り返ってみよう。

2011年、「アラブの春」直前にあったコプト教会テロ

 6年前のアレクサンドリアのコプト教会のテロは、私が新聞社の中東担当編集委員として同市に拠点を置いていた時だった。12月31日深夜に始まった年頭のミサが狙われた。私は元日の朝から現場の教会で取材をした。教会の前に大勢のコプト教徒が集まり、十分なテロ対策をとらなかった警察に対する批判を口々に語った。さらにある年配の女性が「私はあなたに伝えたいことがある」と話しかけてきて、コプト教徒が政府への就職などで差別されていると訴えた。

 当時、コプト教徒はムバラク政権の支持勢力とみなされ、公然と政府批判を口にすることはなかったため、この時の政権批判は意外に思えた。テロの後、カイロではコプト教徒が内務省のビルの前で政府批判のデモをするなど大きな問題になった。一方、イスラム教徒がコプト教徒と「反テロ」で連帯する動きも出て、キリスト教の十字架と、イスラム教を表す三日月を組み合わせたマークが生まれた。

 テロの後、コプト教徒から警察への批判が噴き出したという意味では、同じ2011年1月の25日に始まる「エジプト革命」の前触れともいえる出来事だった。エジプト革命は、最初は体制変革を求める政治的な運動ではなく、警察の横暴に対する若者たちのデモとして始まった。

 エジプト革命での若者たちの動員に重要な役割を果たしたフェイスブックサイト「クッリナ・ハーリド・サイード(我々はみな、ハーリド・サイードだ)」は、前年に警官に暴行を受けて死んだハーリド・サイードという名の若者の名前であり、警官の横暴に抗議する若者たちが集まるサイトだった。

 エジプト革命ではデモが始まった1月25日の3日後の28日が最初の金曜日で、金曜礼拝の後に全国で一斉に「政府批判」のデモが始まった。それに対し、警官隊は散弾銃や実弾で制圧しようとして、デモ隊に800人近い死者が出た。若者たちは全土で100カ所以上の警察署を焼き討ちし、革命後1年ほどの間、警察は表に出ることができなかった。

【参考記事】強権の崩壊は大卒失業者の反乱で始まった【アラブの春5周年(上)】

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は小反発、円安と米株先物高が支え

ビジネス

仮想通貨を取引しているのは機関投資家の10%、JP

ワールド

米上院超党派グループ、インフラ計画でバイデン氏と2

ワールド

新規感染拡大続けば対策強化、専門家と適切に判断=西

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中