コラム

W杯で「信念の抗議」を見せたイランと腰砕けイングランド

2022年12月01日(木)16時55分
国歌斉唱を拒否したイラン代表

デモを弾圧するイラン政権に国歌不斉唱で抗議の意思を示したイラン代表チームは、大きなリスクを負うことを承知で行動に出た(11月21日、ドーハ) Hannah Mckay-REUTERS

<国歌斉唱を拒否したイラン代表チームは言葉も力も使わずに抗議の意思を世界に示すことに成功したが、対するイングランドやドイツ代表の決断は......>

機器の調子のせいで、僕はサッカーワールドカップ(W杯)の大事な瞬間の1つを見逃した。イラン代表チームが、初戦であからさまに国歌斉唱を拒否した時だ。国内の反体制デモを弾圧するイラン政権への明らかな抗議だった。事実上、彼らは一言も発することなく、一石も投じず、それどころか自国の国旗や国歌を冒涜することもなしに、今も続くイランの圧政に対して世界の注目を集めることにどうにか成功した。

こうした抗議のメッセージに賛成の人だろうと反対の人だろうと、抗議には適した「時と場所」があってサッカーの試合はそれじゃないだろうと思っていようといまいと、深刻な結果を招くリスクを承知で抗議行動を起こす人々は確固とした信念を持ち合わせているな、と気付かされたことは誰だって認めざるを得ないだろう。その抗議行動のせいで彼らの人生や母国の家族には、より大きな困難が降りかかるかもしれない。

対照的に、イングランド代表チームは見苦しかった。「あらゆる人々を受け入れる包括性」と「社会的正義」を支持すると大々的に騒ぎ立て、カタール(同性愛を違法としている国だ)に「ワン・ラブ」のメッセージを伝えると宣言しておいて、彼らは結局、主将が(多様性を象徴する)虹色のキャプテンマークをつける計画を断念した。イエローカードを警告されただけで!

抗議行動のせいで背負い込むリスクで、これより小さいものなんか思いつかないくらいなのに。これではまるで「チョコレート兵士」――威勢よく信念をもって振る舞うが、困難にぶつかったとたんに溶けてしまう者、という意味だ。

すでにFIFAの不正と倫理観欠如にうんざり

ばかげているのは、キャプテンの虹色腕章を「禁止」することで、FIFAがこのメッセージを完璧に拡散する機会を作り出してしまったことだ。もしもイングランド主将がこの件でイエローカードを受けていたら、世界中でその場面が目撃され、意見が交わされていたことだろう。そして、もし(イングランドよりも後に試合があった)ウェールズ代表とドイツ代表も計画通りこの抗議行動に続いていたら、それは大きな「運動」となり「膠着状態」に陥っていた可能性もある。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物3%高、FRB議長発言で利上げに対する懸念

ビジネス

米インフレ対応に「かなりの時間」、好調な雇用統計受

ビジネス

FRB、バランスシート縮小終了まで「数年」=パウエ

ワールド

カナダ中銀、追加利上げ不要 予想通りインフレ低下な

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中