コラム

わが町の市への昇格が名誉だけど残念な理由

2022年07月01日(金)16時45分
コルチェスター城

コルチェスター城をはじめ数々の名所旧跡もあり長い歴史を誇り文化の香り高く人口も急増しているわが町コルチェスターは、市に昇格する資格十分……だったはず Public Domain

<ジュビリーを記念し僕が住む英エセックス州コルチェスターが長年の悲願を果たして市になったが、地域バランスを重視しすぎの新市誕生はどれも微妙>

英エリザベス女王の在位70年「プラチナ・ジュビリー」の盛り上がりの中で、僕はこのビッグニュースをほとんど忘れそうになっていた。僕の住む町が、市になったのだ。コルチェスター市だ。

ここがただの町にとどまっているのは、長年気にかかっていた。正確に言えば、10年間気にかかっていた。10年前の2012年、女王の在位60年「ダイヤモンド・ジュビリー」に際し、3つの新たな市が誕生した。もしも最も主張の声が大きい3つが選ばれていたとしたら、僕たちのエセックス州コルチェスターがあのとき市になっていただろう。でもたまたま、他に強敵の候補――チェルムスフォード――が同じ州内にあった。だから半ば政治的な理由で、上層部は新たな市をエセックス州から2つ、それ以外の州から1つ、というふうにするのは避けたかった。

もしエセックス州から2つの市ができていたら、他の地域の人々も不愉快になっただろう。フェアじゃない......保守党員が大勢住んでいて、そろいもそろって金持ちばかりの南東部に2つも新市が誕生するなんて既定路線じゃないか、と。

チェルムスフォードとコルチェスターは、他の地域の人々から見ればどちらも区別がつかないような場所で、僕が東京に住んでいたときに高崎市と前橋市を区別できなかったような感じだ。僕がそんなことを言ったら群馬県の人がイラッとするのと同じくらい、僕だって、誰かが「歴史的で文化の香り高い」コルチェスターと「無作法で味気なくてなんら特徴のないベッドタウン」チェルムスフォードを混同したらイラつくだろう。

だから、2012年には「2つに1つ」でチェルムスフォードが勝った。たぶん、大聖堂があるからだろう。他の2つの市はウェールズのセント・アサフとスコットランドのパースが選ばれた。全てはバランスの問題なのだ。

存在感が薄すぎる面々

でも僕たちには、十分すぎる資格がある。以前に僕は紹介したことがあっただろうか。コルチェスターは2000年以上の歴史を持つ町だということを。ローマの侵略者たちが、この町をイギリスの首都だと思い込んだということを(実際にはいくつかある地方首都の1つにすぎなかったが、間違いなく主要な部類に入った)。コルチェスターにローマの寺院があったことを。ノルマン様式の城が今もあることを。イングランド内戦ではここが大規模な戦闘の地になったことを。そしてここには、見事なビクトリア朝の家々や建築物があり、大学があり、英軍基地があり、人口が急増しており、新たな美術館が誕生しており......。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story