コラム

コロナワクチン接種後の腕の痛みSIRVAって?

2021年06月16日(水)15時00分

だから僕にはただ1つの選択肢しか残されていなかった。ワクチン接種場所に行って、接種しても大丈夫だろうかとその場で直接相談することだ。医療スタッフの仕事は腕にワクチンを接種することであって一人ひとりの相談に乗ることではないから、僕にはこれはあまりいい考えに思えなかった。

公平を期して言えば、医療スタッフはちゃんとこちらの話を聞いてくれたし腕を見てくれたし説明をしてくれた。どうやら僕の問題はワクチンの副反応ではなく、注射そのものに原因があったらしく、肩の筋肉ではなくて肩の高過ぎる位置に注射されてしまったようだった。

それを示す用語もあった。SIRVA(Shoulder Injury Related to Vaccine Administration=ワクチン接種に伴う肩の痛み)だ。まれだが、起こることもあるらしい。僕の場合は比較的穏やかで、痛みはあっても、理学療法や鎮痛剤なしでも自然に消えるとのことだった。

肩の不調は僕がこれまでに受けたさまざまな予防接種のどれでも起こる可能性があったが、今回のワクチンで起こる可能性は少し高かった。新型コロナウイルスでは、数カ月のうちに5000万回の接種が行われ、十分な経験を積んだわけではない医師や看護師も接種作業を担わなければならない。おそらく時折「はずれ」もあり、僕は「ただ単にアンラッキー」でそれに当たっただけだが、注射する位置が高過ぎたというずさんなミスだったからちょっと腹が立った。

僕が言いたいのは、ワクチン接種はもちろんゼロリスクではないが、そのリスクは接種を受けないリスクと天秤をかけて判断すべきだということだ。個人的には、僕は「long COVID(新型コロナウイルスの後遺症)」で長期の不調を抱えるリスクを懸念している。それに、僕も他の皆も、正常な生活がいつまでも取り戻せないという「大局的」な懸念もある。それに比べれば肩の痛みなど、まだ対処可能なトラブルだ。

ワクチン接種を受けないのは、ロンドンのヒースロー空港から飛行機に乗るのを拒否して、その代わりにギリシャのアテネまで車で向かうようなもの。そのほうがずっと危険だ。それでも、飛行機がひょっとすると墜落する可能性を否定することはできないし、ワクチン接種で何らかのトラブルが起こる可能性はないなんてふりもできない。

結局、僕は2回目接種を受け、医者は注意を払って肩の痛む部位から離れた低い位置に注射してくれた。2回目接種は3日かそこら痛んだが、それは「正常な」副反応だった。肩関節の調子はだいぶ良くなったが、今はあまり肩を動かさないようにしている。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエル、ガザ攻撃 ヨルダン川西岸衝突で対立再燃

ワールド

ロシア、ラトビア大使に国外退去要請

ビジネス

アメックス、23年利益見通しが予想上回る 株価8カ

ビジネス

シェブロンの22年純利益過去最高、四半期利益は予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中