コラム

イギリス人から見たトランプ特別治療の「上級国民度」

2020年10月14日(水)16時30分
イギリス人から見たトランプ特別治療の「上級国民度」

コロナ治療のため米軍医療センターにヘリで到着したトランプ(10月2日) Joshua Roberts-REUTERS

<多くのアメリカ人が必要な医療を受けられないなか、救急ヘリで移送され特別待遇の治療を施されたトランプは、コロナで一時重症化のジョンソン首相を含めて全ての国民が同じ医療を受けるイギリス人の目には奇異に映った>

ヘリコプターを所有している人なら、それを使いたくなるのも無理はない。でもイギリス人には、トランプ米大統領が10月2日にヘリコプターで病院に移送されたとのニュースは、伝えられているように「慎重に慎重を期す」というよりはむしろ、彼は重症に違いないという印象を与えた。

イギリスでは、救急ヘリは距離の離れた専門病院に移送する必要があったり、山間部やアクセス困難な場所から運ぶ必要がある重い外傷を負った患者のために利用されるものだ(参考までに、英ウィリアム王子はこうした救急ヘリのパイロットを務めていた)。

調べると、ウォルター・リード米軍医療センターはホワイトハウスから車で30分で、それも大統領専用車の緊急車列ではなく通常の車の場合での所要時間だ。だから、ヘリコプターは全く不要じゃないかと僕には感じられたが、それを言うなら米大統領の新型コロナウイルス治療をめぐる全てが僕にとっては驚きだ。例を挙げれば、トランプがホワイトハウスや隣接施設で24時間対応可能な20人以上の医療スタッフ(医師6人を含む)を抱えていることなど僕は知らなかった。エアフォースワン(大統領専用機)の中に手術台を備えた手術室があるということを聞いて僕は驚愕した。路上で大統領に輸血が必要になる事態に備えて、大統領専用車には約1リットルの血液が常備されているという話も聞いた。

僕はこれを、トランプよりはるかに深刻とみられる病状に陥ったボリス・ジョンソン英首相のケースと比べてみた。ジョンソンはダウニング街10番地(首相官邸)で自主隔離した。そこは適度な広さの住宅で、立地は最高、地球上で最も特権的な住居ではあるが、結局のところは首相が働き、居住もするテラスハウス(低層集合住宅)だ。対するホワイトハウスは宮殿で、だからこそ中に籠るにはかなり好都合である。

労働者階級と同じ治療を受けたジョンソン

ジョンソンの症状が悪化したとき、彼は普通の救急車で近場の国民保健サービス(NHS)の病院に搬送された。ウェストミンスター橋そばのセント・トーマス病院だ(コロナ禍と重なるような雰囲気のあった啓示的な映画『28日後...』の冒頭で登場する病院でもある)。ジョンソンはNHSの医師や看護師の治療を受けた。肝心な点は、言うなればジョンソンが、エレファント&キャッスル駅周辺地区(数マイルの近隣にある労働者階級の居住地区)の住民が受けるのと同じような治療を受けたことだ。

はっきり言うと、トランプはジョンソンより特別待遇の治療を受けた。米大統領はアメリカのトップであり、対するわがイギリスの元首はエリザベス女王で、彼女は宮殿に住み専属の医療スタッフも抱えているというのは確かだ。だからその意味では、トランプとジョンソンを厳密に比較することはできない。

また、米大統領は英首相より暗殺のリスクが高く、より高度な配慮があって当たり前だという見方もできるかもしれない。歴代米大統領44人中4人が暗殺され、レーガンは銃撃されて生き延びた。とはいえ、英首相だったサッチャー(1984年)とメージャー(1991年)もIRA(アイルランド共和軍)の暗殺計画をすんでのところで逃れた。だから、米大統領のほうがずっと危険性が高いかどうかは、僕には分からない。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

FOMC声明全文

ワールド

バイデン氏、気候変動対応へ大統領令 外交・国家安全

ビジネス

米FRB、ゼロ金利と量的緩和維持 「回復ペース鈍化

ワールド

米国務長官、英独外相と電話会談 イラン・中国問題な

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!