コラム

移民に本当に寛容なのはイギリスかドイツか

2019年11月13日(水)16時20分

難民100万人受け入れが発したメッセージ

イギリスの姿勢はあくまで、人々がそれぞれの母国で可能な限りやっていけるように後押しすることだ。経済移民は傾向的に、若く、健康で、行動力があり、カネやその他の資源を自ら手に入れる能力がある場合が多い。だからこそ彼らはよりよい生活を目指して大陸を渡ることができ、「最も抜け目なく押しの強い」人々だけが国を出られると言われたりするのだ。

ヨーロッパに流入する難民は、昔ながらの「稼ぎ手」である14~34歳の男性に偏っている。第三世界出身の移民・難民には、教育と語学力を備えている人が驚くほどの割合でいるものの、先進国で結局は単純労働や失業状態に甘んじる羽目になっている。これは人材の大いなる不適正配分であり、貧しい国々は事実上、最も有用な人材を流出させ続けることになる。

ドイツのメルケル首相が2015年に100万人以上の難民受け入れを決定した際、それは崇高なる人道的対応に見えたかもしれない。だが同時に、難民は生きる場所を選ぶことができるとのメッセージを送ることにもなった――つまり、最初にたどり着いた安全な国にとどまるより、さらに豊かな国に到達するため悪徳密航業者にカネを払い、ボロボロのボートで海を渡ることは、試してみる価値があることだと。当然ながら、紛争地帯に近い国々(たとえばトルコなど)ほど重い負担を抱えることになり、国際社会はこうした国々を支援しなければならない。

密航は国際犯罪組織(しばしばドラッグや武器取引、売春にも関わっている)の資金源にもなっている。2016年に英政府は、諜報機関(GCHQやMI6)に対し、国境を越えてこうした組織を捜査する任務を課し、さらなる予算の投入も表明した。

残念ながら、メイ前英政権はただただブレグジット(イギリスのEU離脱)に失敗した政権として記憶されるだろうが、メイは「現代の奴隷制」、特に売春組織による貧困国女性の搾取の撲滅に情熱を燃やした。多くの若い女性が貧困から脱する道を求めて、こうした組織の餌食になっている。メイは内相時代、「2015年現代奴隷法」の成立を主導し、警察により強い捜査権限を与え、加害者には終身刑を含む厳罰を適用し、被害者保護を拡大することを盛り込んだ。

悲しい事実は、富める国と貧しい国の経済格差はなくならず、移民は今後も続くであろうことだ。エセックス州での39人の死はその悲劇的な結果であり、イギリスは彼らの死を嘆くだろう。だが、イギリスがこの多難な国際問題に、一貫した寛容な態度で取り組んできたことは忘れてはならない。

<本誌2019年11月19日号掲載>

20191119issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月19日号(11月12日発売)は「世界を操る政策集団 シンクタンク大研究」特集。政治・経済を動かすブレーンか、「頭でっかちのお飾り」か。シンクタンクの機能と実力を徹底検証し、米主要シンクタンクの人脈・金脈を明かす。地域別・分野別のシンクタンク・ランキングも。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

英BA、従業員3万2000人の一時帰休で労組と交渉

ワールド

新型コロナ、スペインの死者が1万人超える

ビジネス

3月の世界食料価格は低下、新型コロナや原油安で

ビジネス

英企業の27%、一時的に従業員削減 新型コロナで

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!