コラム

イギリスも悩む人口の都心部一極集中

2018年09月21日(金)16時20分

需要増加で住宅価格が泣くほど高い

もしもイギリスの地図を人口に従って変形させてみれば、南東部は中年のビール腹みたいに膨れ上がり、スコットランドやウェールズの広い一帯はほとんど消えそうなほどに小さくなるだろう。

オランダや日本のような国も人口密度が高いとされ、どちらもイギリス以上だ。ただし、イングランドだけを切り離してみれば、オランダや日本よりも人口密度が高い。そして、現在も増加を続けている。

僕は今でも、イギリスに帰国して暮らし始めたのはつい最近だったように感じている(実際は8年前だ)。この8年の間に、イングランドの人口は300万人近く増えた。別の言い方をすれば、神戸市と京都市の合計に相当する人口がこの期間に増えた、ということになる。

これによって、水供給への懸念が高まっただけではない。南東部で住宅価格が泣くほど高いのにはいろいろな理由があるが、(供給がとても追いつかないほどの)需要の急増が1つの要因であることは確かだ。インフラにかかる負担は問題と化しており、学校も病院も、収容能力拡大が追い付いていない。電車や道路の混雑は悪化する一方だ(東京ほどひどくはないけれど)。

僕がイングランドで何より気に入っていることの1つは、いわゆるグリーンベルトだ。電車に乗ってロンドンを出ると、まもなく緑の野原が広がりだす。せわしないロンドン中心部から30分も走れば、開けた田園地方に行けるのだ。これは、どこまで行っても東京が終わらないような日本とは、かなり事情が違う。日本では、市街地が果てしなく続くように見える。それに比べて、ロンドン周辺エリア(そしてほかの大都市圏周辺エリア)の開発を規制したのは、先見の明のある動きだった。

現在、増加する人口に対応する住宅を提供するため、このグリーンベルトを見直すべきではないかと主張している専門家もいる(規制を撤廃してグリーンベルトに住宅を建設する必要がある、と)。あるいは、もっと高密度の住宅(庭と駐車場付き一戸建て住宅ではなく、高層マンションなど)を作って新たな方法を探るべきだと言う人もいる。

でもイングランドの多くの人は、単純に、もうこれ以上人口を増やすべきではないと思っている。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!