コラム

いま、日本株は「大バーゲン」。藤野英人が「ムズムズする」と語る理由

2023年02月28日(火)18時43分
藤野英人

「お金のまなびば!」より

<混沌とした社会情勢下だが、2023年は投資を始めるのに良い時期なのか? レオス・キャピタルワークスの藤野英人氏と、経済リサーチの専門家、三宅一弘氏が答える>

人事異動や転居など、環境や心境に変化が訪れやすい春。新たなステージに一歩踏み出す際は誰しも恐怖心を覚えるものだが、そんな時に心がけたい「3つの原則」とは何か。

日本の資産運用会社、レオス・キャピタルワークスは「2023年、お金を増やすために始めたいことは?」と題した街頭調査を行った。この問いに対し、「貯金」と答えた人が18人、「副業」が15人、「投資」14人、「ギャンブル」は0という結果になった。

同社のYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」の動画「2023年に投資を始める人へ贈る『3つの原則』」では、最高投資責任者の藤野英人氏、運用本部経済調査室長の三宅一弘氏がこの結果に「時代を感じる」と一言。

10年前、20年前なら、おそらくほとんどの人が「貯金」と回答していただろう。貯金・副業・投資がほぼ横並びになったことから、人々のお金や働き方に対する意識の変容が垣間見える。

2022年は世界的に株相場が混乱し、日本株も低水準で推移した。混沌とした社会情勢下では投資を始めづらいと感じる人も多いだろうが、一般的には株価などが低い時にたくさん買ったほうが、その後上昇基調に転じた時にリターンを得やすい。

企業の収益に対して現在の株価が割安か割高かを判断する指標の1つにPER(株価収益率)があり、三宅氏によると2022年の日本株はPERが過去最低に近い水準となった。日本株が割安になっている要因として、三宅氏は2つの理由を挙げる。

「1つは、2022年に金融引き締めを加速したアメリカなどに対し、相対的に優位な日本のマクロ環境。もう1つはガバナンス改革の進展による企業価値の向上だ。自社の企業価値を着実に上げようと努力する経営者、それに魅力を感じて投資する機関投資家が経済の好循環を生み出す。マクロの環境が整い、個々の企業のミクロレベルでも良い状態になっている」

今は企業価値に対して低い株価が付けられている状態だが、「アメリカを中心とした金融政策が変われば、底入れから回復局面に入っていくのではないか」と三宅氏は予想する。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」

ワールド

イスラエル、パレスチナ自治政府への税収送金を再開=

ビジネス

S&P年末目標5300に引き上げ、ビッグテックの収

ワールド

米英独など、ウクライナへの派兵案を否定
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story