注目のキーワード

コラム

お金のまなびば! 藤野英人
お金のまなびば! 藤野英人

日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

<米国株人気の背景には「日本株はどうせ成長しない」という悲観的な見方がある。だが日本では今、旧来の「昭和96年型企業」と異なる「令和型」の企

2022.05.19
お金のまなびば! 藤野英人

「FIREできる状態になったら、多くの人はFIREしない」と藤野英人が語る理由

<経済的自立と早期リタイアを目指す「FIRE」が注目を集めている。ファンドマネージャー、藤野氏のもとにもFIREについての相談がよく舞い込む

2022.05.12
お金のまなびば! 藤野英人

給料に差があるのは不公平、と言う子供への「世の中そういうもの」ではない回答

<同じ職業なのに給料が違うのは不公平? ベテランも新人も同じ給料にすべき?――子供の素朴な疑問に対し、投資家の藤野英人は「公平な社会をどう作

2022.04.07
お金のまなびば! 藤野英人

なんでウチは貧乏なの?と聞かれたら、こう答えれば子供も納得

<「車も自分の部屋もないからウチは貧乏だ」こんな子供の疑問には何と答えるべきだろうか。日本人の貧困率は年々深刻化していると言われるが、そもそ

2022.04.06
お金のまなびば! 藤野英人

日本人の金銭に対する過剰な潔癖主義が発展を妨げている(為末大×藤野英人)

<為末大が語る、スポーツ選手がセカンドキャリアの形成に「挫折」するときの2つのタイプと、日本のスポーツ界が抱える大きな問題点> 「元●●選手

2021.12.24
お金のまなびば! 藤野英人

過去30年、日本で株価が上昇したのはオーナー系企業だった(為末大×藤野英人)

<優秀な人は四半期で成績を出すが、投資において、ひとつの重要な基準は時間軸。それはスポーツや人生においても同様で、その上でもうひとつ、「勝ち

2021.12.23
お金のまなびば! 藤野英人

優秀な経営者や営業マン、投資家に共通する「ウソ」の種類

<言葉と時間は、投資や人生における成功とどう関係しているのか。1回300万円の講演家・鴨頭嘉人氏と、ひふみ投信シリーズのファンドマネージャー

2021.11.26
お金のまなびば! 藤野英人

笑顔と経済の密接な関係 マクドナルドが実践する「0円の投資」とは?

<元マクドナルド店長の鴨頭嘉人氏は、1回300万円もの講演を年間330回行うという講演家。「作り笑顔にこそ価値がある」と言うが、笑顔は何を生

2021.11.25
お金のまなびば! 藤野英人

EVなど成長産業で日本に足りないのは、技術力より社会実装力

<ガソリン車から電気自動車(EV)へのシフトが進んでいるが、世界有数の自動車大国であるはずの日本は後れを取っている。それはなぜか。ファンドマ

2021.09.15
お金のまなびば! 藤野英人

棋士は感情をどうコントロールしているか、直観は正しいか、投資に生かせるか

<極限状態で戦う棋士の研ぎ澄まされた精神力はどのように培われるのか――。共に勝負の世界で生きる日本将棋連盟会長・佐藤康光九段とファンドマネー

2021.07.21

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中