コラム

最高値更新の日本株...「世界と闘う覚悟を持った経営者が日本に出てきた」藤野英人

2024年03月26日(火)16時45分
「お金のまなびば!」 藤野英人

レオス・キャピタルワークスの最高投資責任者、藤野英人氏(「お金のまなびば!」より)

<株価は絶好調。いよいよ日本がインフレの時代になるという期待が高まっている。『「日経平均10万円」時代が来る!』の著者、藤野英人氏が挙げる変化の要因は?>

GDP(国内総生産)世界4位への転落など日本経済の衰退が囁かれる一方、株価は絶好調だ。2024年3月4日、日経平均株価の終値が史上初めて4万円を超えた。

バブル崩壊後の1990年代初頭から続いた長期停滞「失われた30年」を、日本経済が脱した理由とは何だったのか?

日本の資産運用会社レオス・キャピタルワークスの最高投資責任者であり、1月に『「日経平均10万円」時代が来る!』(日経BP)を上梓したばかりの藤野英人氏が解説する。

『「日経平均10万円」時代が来る!』
同社のYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」の動画「絶好調の日本株!インフレ時代の始まり?」(2月24日公開)で、藤野氏はまず、このように分析した。

「元日の能登半島地震や航空機事故など、2024年は最悪の気持ちのスタートとなったが、一方でこれらが日銀の金融緩和策に影響を与えた。日本企業や日本株はまだ割安であり、金融緩和も長く続くから安心して買える。このことが年初からの大きな株価の上昇につながったのではないか」

米国の大統領選挙や中国の景気減速をはじめ、世界経済全体が不透明な中、日本の相対的な堅実感が浮き出た結果だと推測されるという。

「日本の株式市場は非常に絶好調。諸般の状況でロケットスタートになり、これから株価は調整されるかもしれないが、基本的に強い状態が続くのではないか」と楽観的な見通しを語る。

藤野氏が就職したのは1990年4月で、まさに日本経済および株式市場のピーク。その後、社会人としての人生の大半をデフレ(デフレーション)とともに歩んできた。

デフレとは、モノの値段が下がるのと相対してお金の価値が上がること。これが10~15年続くと日本人の生活スタイルに染み込み、「節約・倹約こそ正義」「投資・消費をしない」という生き方につながっていったと、藤野氏は振り返る。

「お金のまなびば!」 藤野英人

「お金のまなびば!」より

インフレが来る、と多くの外国人投資家が思った

デフレにより「良いモノをより安く買えること」はメリットだと思っている人が多い。事実、日本の「コスパ主義」はどんどん加速していった。

だが、良いモノを安く売って企業の取り分が減れば、当然ながら賃金も上がらないことになる。日本は自ら首を絞めたことで、デフレ経済が長引いたと指摘されている。

一方、日本を除く世界の物価はどんどん上昇しており、「日本と他国の物価は歴史的に限界くらいまで差が開いている」と藤野氏は言う。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イランがイスラエルに無人機とミサイル発射、革命防衛

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story