コラム

人生はほとんど運。運が良い人・悪い人の決定的な差とは?(武田双雲×藤野英人)

2021年05月21日(金)11時30分
藤野英人、武田双雲

「お金のまなびば!」より

<投資のカリスマと書道界の風雲児が、運の重要性について意見を一致させた。運は平等にやってくるはずだが、運の良い人と悪い人では何が違うのか。どうすれば運を上げられるのか>

ひふみ投信シリーズのファンドマネージャーとして知られる藤野英人氏と、お金や投資、経済について学んでいくYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」

今回取り上げる動画「【藤野英人×武田双雲】複利効果で成果を出す!今すぐできる簡単習慣」では、藤野氏と人気書道家・武田双雲氏との対談が実現した。

プライベートでも親交があるという2人。出会いは1通のFacebookメッセージから始まったという。

「僕は表向きは書道家として活動しているが、裏では社会哲学者でもあると思っていて、人類がハッピーになるためにどうすればよいかを考えている。人類を苦しめる要因の1つはお金。藤野さんの本を読んで『やっとお金のことをちゃんと書く人が出てきた』と感動し、Facebookで検索して、つい連絡してしまった」と、武田氏。

有名書道家からの突然の連絡に「最初は冗談かと思った」と藤野氏は振り返る。それ以来、2人の交友は深まり、藤野氏の自宅には武田氏が書いた「運」という字が飾られているそうだ。

「人生はほとんど運次第。実力や技術も大事だが、運がなければ全てゼロになるくらい最重要。藤野さんにこの文字を頼まれたとき、さすがだなと思った」と、武田氏は語る。

「運も実力のうち」というが、藤野氏によると、実力はたいしたことがないのに、運だけで成功している起業家や経営者は大勢いる。当然、その逆もあり、「運は全然バカにできない」と藤野氏は言う。

では、運の良い人と悪い人とでは、何が違うのだろうか。

fujino20210521takeda-talk-1-2.jpg

「お金のまなびば!」より

あるテストで、運の良い人と悪い人で劇的な差がついた

藤野氏によると、運について徹底的に調べたアメリカの学者がいる。彼はインタビューなどを通じ、「運が良い人100名」と「運が悪い人100名」を集め、1週間程合宿を行った。

合宿中、「衝立の後ろにいる人は男か女か」「硬貨を投げて出るのは表か裏か」などを当てるテストが行われたが、正解率は全てにおいて五分五分だった。運の良い人と悪い人の結果には全く差異がなかったという。

しかし、あるテストで両者に劇的な差が現れる。「2分以内に新聞の中にある写真の数を答えよ」というものだ。

正解率が高かったのは運が良い人。実はこのテストにはからくりがあり、新聞をめくると中に大きな字で答えが書いてあったそうだ。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ビットコイン、5日続伸で6万ドル台視野 ETF人気

ワールド

バイデン政権、中ロへの個人データ移転制限へ 大統領

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ近郊のステポベ制圧 ウクライ

ビジネス

トヨタ、第2回労使協議で賃上げ要求に回答せず 次回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 3

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウ…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 10

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story