コラム

湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

マインド・アップロードは可能?──MITを巻き込み世界的権威が真っ二つ

AI新聞からの転載 脳内の情報のやり取りは、ほとんどが電気信号。なので脳内の電気信号のやり取りの仕組みを、そのまま電子回路で再現できるはず。

2018.04.23
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

AI新聞のリライト 「AIスピーカーって全然使えないっす」。 周りに新しいもの好きの友人が多いせいか、日本でも発売されるやいなや購入した人が

2018.04.19
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

りんながAIスピーカーでしゃべりだす!?マイクロソフトが新技術発表

AI新聞からの抜粋 Microsoftの女子高生AIりんな。今のところLINEなどのメッセージング上で文字の対話しかできないが、今後半年以内

2018.04.09
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

AIクラウドの覇者が史上最大の企業になる!?

AI新聞からの転載 マサチューセッツ工科大学のオウンドメディアMIT Technology Reviewは、「How the AI clou

2018.04.06
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

倫理をAIで科学する エクサウィザーズ社長石山洸

AI新聞より転載 道具や技術は、人を幸せにも不幸にもできる。ハサミでも原子力でもそれは同じで、その効力が大きい道具ほど悪いことに使われると被

2018.03.16
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

もう既に不老不死の時代!?「あと10年で、寿命回避速度に入る」レイ・カーツワイル氏

<人工知能の権威でシンギュラリティの提唱者、天才・カーツワイルの最新「不老不死」予測> AI新聞から転載 レイ・カーツワイル氏が、人類はいず

2018.03.05
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

「バカにされよう。主流はこっちだ」デジハリ杉山学長が考えるAI時代の教育とは

AI新聞からの転載 合理的思考では、AIが人間を超える時代。そんな時代に人間はどのようなスキルを身につければいいのだろうか。またそうしたスキ

2018.02.16
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

21世紀最大のビジネスチャンス「ヘルスケア」に挑むAmazonの可能性

AI新聞から転載 Amazon、Berkshire Hathaway、JPMorgan Chaseの3社が、米国内従業員のための独自のヘルス

2018.02.09
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

健康経営は長期的視点で=米Amazonなど3社が合弁会社設立

AI新聞から転載 Amazon、Berkshire Hathaway、JPMorgan Chaseの3社が、3社の米国内従業員のための独自の

2018.02.02
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

スタンフォード大学ビジネススクール、AI時代にそなえデータ分析を必須科目に

この記事はAI新聞からの転載です AIが進化すれば社会が大きく変化するのは間違いない。その社会変化を前にして教育はどう変化すべきなのだろうか

2018.01.30

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

  • 2

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 3

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 6

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 10

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!