コラム

ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

ハリウッドの白人偏重「ホワイトウォッシング」は変えられるか?

<白人以外の登場人物を白人の俳優が演じる「ホワイトウォッシング」。ハリウッドでは現在もこの人種差別的な慣行が続いているが、観客側からの批判は

2017.11.09
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

精神医学の専門家が危惧する、トランプの「病的自己愛」と「ソシオパス」

<トランプの危険な人格を「警告」する義務感に駆られた専門家が寄稿した解説書は、何より米社会の「邪悪の正常化」に警鐘を鳴らす> 2015年6月

2017.10.27
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

<社会的、政治的な選択ではなく正統派の作家イシグロがノーベル文学賞を受賞したことには、大きな意味がある> 10月5日、長崎生まれのイギリス人

2017.10.10
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

良くも悪くもイメージを変えられないヒラリーの回想録

<ヒラリーの新刊の回想録は、読者が抱えるナラティブ(ストーリー)を変える内容ではなく、政治家としてのヒラリーの限界を表している> 2016年

2017.09.22
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

移民の国アメリカの混迷するアイデンティティを描くサルマン・ラシュディの新作

<インド系マジックリアリズムの旗手ラシュディの新作は、アメリカで新たなアイデンティティを創造しようとする一家の壮大な物語絵巻> インドのムン

2017.09.15
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

米文学界最恐の文芸評論家ミチコ・カクタニの引退

<アメリカ文学界で最も恐れられたニューヨーク・タイムズの文芸評論家ミチコ・カクタニが引退を表明。歯に衣着せぬ毒舌を浴びせられた大御所作家は数

2017.08.10
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

企業を成長させる最高のマネジメントは「Radical Candor(徹底した率直さ)」

<企業への忠誠心がほとんどないミレニアル世代の才能を開花させるには、遠慮しないで相手の問題点を率直に伝える「Radical Candor」こ

2017.08.08
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

高級スーパー「ホールフーズ」を買収したアマゾンの野望とは?

<オーガニック食品のスーパー「ホールフーズ」をアマゾンが買収したのは意外なニュースだが、アマゾンが最近アメリカにオープンしたリアル書店から、

2017.06.20
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

地球滅亡の危機に引き裂かれるロメオとジュリエット

<今年の米SFネビュラ賞を受賞したのは、トランスジェンダーでレズビアンという異色のマイノリティ作家。地球温暖化で危機に瀕した人類の価値観の対

2017.06.01
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

<トランプ当選を予測した教授は同時にトランプ弾劾も予測していた。ロシア疑惑や女性問題など、現実的に弾劾に繋がりそうな材料は揃っている> 昨年

2017.05.12

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!