コラム

強烈な「毒親」の呪縛から、大学教育で抜け出した少女

2018年12月21日(金)17時00分
強烈な「毒親」の呪縛から、大学教育で抜け出した少女

両親の宗教観と思想から抜け出すのは容易ではない Laikwunfai/iStock. 

<モルモン教原理主義者の両親の支配から抜け出した少女の回想録は、「毒親」との関係に苦しんだ人たちも共感できる>

アメリカでは日本にはないノンフィクションの人気ジャンルがある。それはメモワールと呼ばれる『回想録(自伝)』だ。日本では「自伝は有名人が書くもの」というイメージがあるが、アメリカでは無名の一般人による回想録がよく出版され、ベストセラーにもなる。

2018年に最も売れた回想録はミシェル・オバマ元大統領夫人の『Becoming』だったが、それが発売されるまで最も注目されていたベストセラーは『Educated』だった。32歳の無名の女性タラ・ウエストオーバーがモルモン教サバイバリストの両親に育てられた半生を綴るこの回想録は、発売直後からニューヨーク・タイムズ紙ベストセラーリストに入った。バラク・オバマ元大統領が夏の読書の推薦書の一つに選んだこともあって幅広い読者に読まれ、読書愛好家向けのソーシャルメディア「Goodreads」で読者が投票する2018年「チョイスアワード」では、回想録のカテゴリで1位になった。

アイダホ州の山脈に囲まれた田舎で7人兄弟の末っ子として生まれたタラ・ウエストオーバー(Tara Westover)は、9歳になるまで日本の戸籍に匹敵する重要な書類である「出生証明書」を持たなかった。タラの父はモルモン教原理主義の「サバイバリスト」であり、母は強い性格の夫に従う従順な妻だった。「サバイバリスト」とは、核戦争や経済の崩壊といった破滅的な災害で生き残るために準備とトレーニングを日常から行っている人たちだ。モルモン教では古くから大災害に備えて1年分の食料を保存しておくことが指導されていたが、サバイバリストはその教えを逸脱した狂信的なレベルにある。反政府の彼らは、学校や病院を含む公的機関は政府が自分たちをスパイし、洗脳するための危険な組織だと信じている。

タラが長年、出生証明書を持たなかったのは、母のお産を助けたのが正式の免許を持たない自称「助産師」だったこともある。アメリカでは出産の報告義務があるが、サバイバリストにとってアメリカの法律は何の意味も持たないのだ。タラの母も無免許の助産婦から学んだ知識で他人の出産を助け、家族の病気や怪我のすべてを薬草で治療した。息子のひとりが交通事故で前頭部にゴルフボールほど大きな穴があき、意識も失っているというのに、電話で娘から相談された父は「家に戻ってお母さんに治療させろ」と命じるのだ。父の命令を無視して兄を病院に連れて行ったタラは、裏切り者として冷たく扱われた。

また、タラと6人の兄と姉は、洗脳を防ぐために学校に行かせてもらえなかったので、学びたければ自分で学ぶしかなかった。通常なら自宅で子供を教育する「ホームスクーリング」は、ホームスクーリング用の教材を使って親が教える。だが、わが子を無償の労働者と捉えていたような父は、危険な仕事を子供に無理やりさせるくせに、教育には興味がなかった。タラは兄のひとりから読み書きを習い、後に教科書を入手して自学で高校卒業レベルの学力を身につける。

タラは「ここにいたらおまえは駄目になってしまう」という兄タイラーの進言でブリガムヤング大学への入学を目指すようになる。ブリガムヤング大学はモルモン教の大学であり、しかもホームスクーリングを受けた子供も受け入れているのでタラにもチャンスがある。「数学」を「数の計算」程度にとらえている母から高等数学を学ぶのは不可能なので、タラは自分で教科書や参考書を買って入学選考に必要な標準テストのACTの勉強をした。ブリガムヤング大学の合格基準より低いが、自学にしては目覚ましい成績を取った16歳の娘に対し、父は理解を示すどころか憤り、大人になったのに家賃を払えないなら家を出ていくよう命じた。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!