コラム

ネット企業の利益のために注意散漫にされてしまった現代人、ではどうすればいいのか?

2022年03月08日(火)16時00分

現代人は注意散漫になっている golubovy/iStock.

<世界中を取材した『Stolen Focus』の作者ヨハン・ハリが提唱する、集中力を取り戻す方法とは>

私が東京に住んでいた1990年代、日本に来たばかりの欧米人の友人が「日本ではホームレスでも新聞を読んでいる!」と驚いていた。電車の中でエロ漫画を堂々と読んでいる男性サラリーマンに呆れる人もいたが、多くの外国人は満員電車の中でも本を読み耽る日本人の姿に感心していた。1993年に日本を離れて海外で暮らすようになった私は、ある年に帰国して文庫本がスマートフォンに変わっていることに気づいた。そこで暮らしている人たちにとってはゆっくりとした変化だったかもしれないが、しばらく帰国していなかった私にとっては突然の変化であり、かなり異様に感じた。だが、その異様さが今では全世界で当たり前のことになっている。

レストランでスマートフォンばかり見ていて会話をしないカップル。息をのむような美しい風景に出会っても、スマートフォンで自撮りしてInstagramやTikTokに投稿するだけの人。スマートフォンをベッドルームに持ち込み、寝る寸前までスクリーンを見て、起きてすぐにスクリーンを見る人。食事中でも会話中でも、スマートフォンで通知が来れば中断して受信したメールや投稿をチェックする人......。それが2022年現在の普通の光景だ。現代人は注意散漫になっており、『Stolen Focus』に書いてある大学生を対象にした調査では、ティーンエイジャーがひとつのタスクに集中できるのはたったの64秒であり、ひとつのことに集中できる時間の中間値は19秒なのだという。成人も別の調査によると3分でしかなく、さほどましではない。

集中できないのは企業のせい

『Stolen Focus』の作者Johann Hariは自分が後見人になっている少年の行動に危機感を覚えたのだが、自分自身の集中力も欠けてきていることに気づいた。そこで、インターネットに繋がることができるスマートフォンとラップトップコンピュータを持たずに、イギリスから異国の地の米国マサチューセッツ州に出かけてバケーションをする実験を行った。苦労しながらもようやく集中力を取り戻したHariだが、以前の生活に戻ったら、ネットへの依存症も戻ってしまった。

そういう体験を通してHariが気づいたのは、この問題は「デジタル・デトックス」や「自分の考え方や態度を変える」という自己啓発本的なアプローチでは解決しないということだ。FacebookやGoogleのエンジニアがよく知っているのは、企業は人々をスクリーンに釘付けして離さないためのありとあらゆる努力をしていることだ。GoogleのエンジニアだったTristan Harrisは作者のHariにこう言う。「集中できないのはその人のせいではない。そういうふうに作られているのだから。人が注意散漫になることが彼らの燃料なのだ。(It's not your fault you can't focus. It's by design. Your distraction is their fuel.)」と。このシステムを変えないかぎりは人々の行動は変わらないというのが内情を知るエンジニアの意見であり、Hariの見解でもある。

集中力がなくなると、人はソーシャルメディア程度の情報なら読めるが、本や新聞をじっくりと読んで深く考えることができなくなってくる。また、人はハッピーな投稿よりも「怒り」を覚える投稿により時間をかける。ソーシャルメディアの企業にとっては、人が長くとどまってくれるほうが利益になる。そこで、Facebookのアルゴリズムは利用者をスクリーンに引き寄せておくために「怒り」を感じさせる投稿をプッシュしてきたのだが、その恐ろしい例が「怒りを誘発するフェイクニュース」がアメリカ大統領選挙に与えた影響だ。

企業は利益をあげたいので、彼らが自主的にシステムを変えることは望めない。

私たちから集中力を奪っているのはソーシャルメディアとEメールだけではない。睡眠不足や加工食品の影響も作者は語る。

では、私たち個人はどうしたらいいのだろうか?

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ASML、第1四半期は13億ドルの黒字 新規受注予

ビジネス

中国BYD、高価格ブランド3車種発表 オフロード車

ビジネス

午後3時のドルは154円半ば、34年ぶり高値圏で神

ビジネス

JSR、JICによるTOBが成立
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story