コラム

ヒラリーがベストセラー作家と組んで書いたスリル満点の正統派国際政治スリラー

2021年10月19日(火)14時30分

共著者のルイーズ・ペニー(左)とヒラリー・クリントン(右) Jean-Francois Berube, Simon & Schuster, Joe McNally

<主人公の女性国務長官と大統領の関係は、新任当時のオバマとヒラリーを想像させる>

元大統領のビル・クリントンが、ギネスブックに出てくるほど多くのヒット作を出している作家のジェイムズ・パタースンと組んで書いた『The President is Missing』という政治スリラーを刊行したのは3年前のことだ。この作品は大ベストセラーになり、このペアは今年ふたたび『The President's Daughter』という政治スリラーを出した。それに対抗するように、ヒラリー・クリントンも最近になって政治スリラー『State of Terror』を刊行した。

ヒラリーが共著者として選んだのはルイーズ・ペニーだ。ペニーは、ケベック州の小さな村であるスリー・パインズ村の「ガマシュ警部」を主人公としたシリーズで有名なベストセラー作家である。スリー・パインズ村のシリーズは新刊が出るたびに全米でNo.1のベストセラーになるほど情熱的なファンが多い。ビルの共著ペアとの違いは、ヒラリーとルイーズがずっと前から友人だったというところだ。読んでみると、この違いが内容にも影響を与えていると感じられる。

『State of Terror』の主人公は、新しく就任したばかりの女性国務長官エレン・アダムズだ。オバマ大統領が政敵であったヒラリーを国務長官に選んだように、新任の大統領ダグ・ウィリアムズは自分のライバルを支持して自分へのアンチ・キャンペーンを繰り広げた政敵のエレンを国務長官に選んで世間を驚かせた。メディアは、その理由は政敵やライバルを集めたリンカーン大統領にならったか、あるいは孫武の兵法にあるように「友を近くに置け。敵はさらに近くに置け」ではないかと分析したが、エレンはそのどちらも違うと知っている。

謎の国際テロ事件

新任の国務長官は海外を飛び回ることになるので、大統領は敵をホワイトハウスから遠ざけておくことができる。ウィリアムズ大統領の前任であるダン前大統領が国際関係を徹底的に破壊させたため、アメリカの信頼は地に落ちていた。それを回復させるのは容易なことではない。エレンが大失敗するのは時間の問題なので、彼女の信用が地に落ちてから首にするというシナリオだった。

ウィリアムズ新大統領が予期していなかったのは、任期が始まってすぐに起こった国際テロ事件だった。最初はロンドンでバスが爆破され、次はパリで同じことが起こった。これまでのテロと異なるのは、テロを犯したグループが名乗り出ないことだった。ロンドンのバスの爆破で死にかけたジャーナリストの息子に疑いをかけられたエレンは、これまでとは異なる集団の異なる目的を察知して危険な国々のトップに会いにでかける。信用できないのは、イランやロシアの指導者だけではない。アメリカの前大統領とその支持者、そして、現在の閣僚やホワイトハウスで働く者たちの中にも裏切り者がいるようだ。エレンは補佐として雇用した幼稚園時代からの親友のベッツィーを頼りにテロの首謀者と裏切り者を突き止め、アメリカ国内での爆弾テロを防ごうとする......。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ビオンテック、多様なコロナウイルス対応ワクチンの治

ビジネス

独CPI、6月は8.2%上昇に伸び鈍化 燃料税引き

ワールド

バイデン氏、欧州での米軍配備強化を表明 ロシアの脅

ビジネス

世界のリセッション回避に「懐疑的」=世銀チーフエコ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中