コラム

理想的な大統領に自分を投影している、ビル・クリントンの政治スリラー

2018年08月02日(木)15時00分
理想的な大統領に自分を投影している、ビル・クリントンの政治スリラー

2016年大統領選で妻ヒラリーの応援演説をするビル。小説には、後ろに立つ娘チェルシーを連想させる一人娘も登場(筆者撮影)

<クリントン元大統領と有名作家の「共著」による政治スリラーは、あまりにも理想的な大統領の主人公にクリントンが自己投影をしているので、読者が恥ずかしくなるところも>

「ビル・クリントン元大統領がベストセラー作家のジェイムズ・パタースンと一緒に政治スリラーを書いた」というプレスリリースを読んだとき、「これは絶対にミリオンセラーになる」と思った。

ビル・クリントンが2004年に出した回想録『My Life(邦訳タイトル:マイライフ クリントンの回想)』は220万部以上売れ、ヒラリー・クリントンが大統領選を振り返った『What Happened(邦訳タイトル:WHAT HAPPENED 何が起きたのか?)』は2017年9月12日に発売されてから月末までの2週間強で30万部も売れる記録を作った。

このように、クリントン夫妻が書いた回想録はすべてミリオンセラーになっているが、それは、アメリカではまだ「クリントン」ブランドに商品価値があるからだ。政治評論家のクリス・マシューズが東海岸のリゾート地で開催されたトークイベントで「カリフォルニアの住民は、どういうわけだか、クリントン夫婦を神様みたいに崇め、愛している」と語っていたが、東海岸のニューヨークやマサチューセッツでもクリントン夫婦の人気は高い。

共著者のジェイムズ・パタースンは、2009年には「ニューヨークタイムズ紙ベストセラーリストに最も多くの作品が入った作家」として、2010年には「電子書籍の売上で初めて100万部以上を売った作家」としてギネスブックに登録されているベテラン作家だ。英語圏の業界関係者の間では「自分の本を読む暇があるのだろうか?」とジョークを言われるほど刊行する作品の数が多いのだが、その達成のコツは「共著」という方法だ。

パタースンは「共著」の詳細を明らかにしていないし、共著者も秘密を守っているので推測するしかない。だが、2017年は25冊、2018年は合計30冊の新刊(児童書を含む)を発売する事実を見れば、パタースン自身が書いていないのは明らかだ。

たぶん、実際に文章を書く「作家」というよりも指導を与えて書かせるブレーン兼編集者であり、「パタースン」のブランドを率いるCEOであり、表向きの顔として活躍するスポークスマンのような存在なのだろう。何よりも重要なのは、「パタースンの名前がついた本は売れる」ということだ。

ビル・クリントンとジェイムズ・パタースンの組み合わせは意外に感じるかもしれないが、この2人をつなげた人物となると、さらに特異なのだ。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

ニュース速報

ワールド

メイ英首相、24日に辞任表明の見通し=タイムズ

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 3

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「和輪庵」

  • 4

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 7

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 10

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!