コラム

【2020米大統領選】「高齢白人男性」同士の争いを懸念する民主党の支持者たち

2019年05月07日(火)16時00分

3月から4月にかけて、激戦地域であるニューハンプシャー州で10人の民主党候補(カマラ・ハリス、ピート・ブーテジェッジ、アンドリュー・ヤング、コリー・ブッカー、エリザベス・ウォーレン、ベト・オルーク、ジョン・ヒッケンルーパー、ジョン・ディレイニー、タルシ・ガバード、カーステン・ギリブランド)の政治集会に参加し、候補者だけでなく、参加した有権者の多くから話を聞いた。そこから浮かんできたのは、高齢の白人男性たちに対するこういった不満と不安だった。

今回の大統領選で民主党候補の選挙集会に参加したニューハンプシャー州の有権者の大部分が切実な問題として捉えているのは、「気候変動」「人権」「公平な選挙」「収入格差」「雇用」といったものだ。

若者たちは、自分たちの将来に影響がある気候変動問題とAIが職を奪うことで困難になる雇用問題、トランプ政権下で脅かされるようになったLGBTQ、女性、移民、有色人種の人権問題に特に関心があるようだ。

「高齢の白人男性」が懸念されるのは、これら3つの問題を自分のこととして捉えにくいことだ。彼らは生きている間には気候変動の悪影響をさほど受けないし、最新のテクノロジーや経済を理解していない(しようとしない)のでAIが職を奪う未来も想像できない。そして、人種や性のマイノリティ問題は他人事だ。

若手が共有する危機感

ブーテジェッジ(37)、ヤング(44)、オルーク(46)、ガバード(38)、ギリブランド(52)、ディレイニー(56)らの若手は、原子力発電に対する考え方は異なるものの、気候変動そのものは緊急事態であり、アメリカが月着陸を目指したときのような態度で取り組むべきだと考えている。だが、やや高齢のヒッケンルーパー(67)になると「(アレクサンドリア・オカシオコルテスらが提唱する厳しい環境保護政策の)グリーン・ニューディールは現実的ではない」と消極的な態度になりがちだ。

また、ブーテジェッジやヤングはAIが職を奪う未来とその深刻な影響を予見しており、ヤングは「ユニバーサル・ベーシック・インカム」などの急進的かつ具体的な政策を提供している。だが、ベテランのウォーレン(69)は「AIが職を奪う」という見解について「産業革命時代にもそういう意見はあったが、後に間違っていたことが判明した」とはっきりと否定していた。サンダースも、若者の未来よりも、20世紀から続く労働者階級の問題を優先している。

上記のトレイスターやソルニットのような発想から若手のブーテジェッジやオルークなどの「白人男性」が女性候補よりもてはやされていることに不満を抱く女性有権者もいた。だが、2016年にヒラリー・クリントンに票を投じた高齢女性の多くが、「本当は女性に大統領になってほしい。けれども、同性愛者のブーテジェッジはマイノリティだからジェンダー問題を理解してくれる」と好意的にとらえていた。

「高齢者」と「白人男性」に問題を感じる有権者たちが注目しているのが、移民2世であり、黒人の父とインド系の母を持つハリス(54)だ。彼女はタウンホールで参加者の若者から「公的な書類での性別の欄に、全米レベルで男女のほかに第三の選択肢を加えることについて賛成か?」と質問されたとき、「Sure!(もちろん)」と即答した。これまでの政治家のようにキリスト教保守派を気にかけて言葉を濁すことなどなく、真正面から答えたハリスを、聴衆は拍手と歓声で歓迎した。

今回の予備選のもうひとつの特徴は、プロの政治家がよくやる「曖昧な口約束」への嫌悪感と「政治家らしくない率直さ、正直さ、本物らしさ」への渇望だ。

demo190507-02.jpg

カマラ・ハリスに「第3の性別」の選択肢について質問した会場の若者(筆者撮影)

この点でハリスとは逆の例が、人種マイノリティの女性が主催したフォーラムに出席したサンダースだ。「白人愛国主義者や白人テロリストの増加に対する政府の役割は何だと思いますか? あなたが大統領になったらそれに対して最初の1年で何を行いますか?」という聴衆からの質問にサンダースは「私が大統領になったらすべての手を尽くす」とありきたりの返事をした。聴衆の不満な声に応じた司会の女性が「具体的にあなたはどんな政策をするのか」と質問をし直すと、サンダースは「実は私は1963年にワシントンDCのマーチでマーティン・ルーサー・キング博士とご一緒したことがあるので......」と既に誰もが知っている自慢話を切り出した。それに対し、聴衆からは拍手ではなく、不満の声が上がった

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!