コラム

【2020米大統領選】「高齢白人男性」同士の争いを懸念する民主党の支持者たち

2019年05月07日(火)16時00分

現時点での世論調査でサンダースやバイデンがフロントランナーである最大の理由は知名度だ。だが、その状況は今後変わってくるだろう。ニューハンプシャー州で会った有権者がその変化を示唆している。

ガバードのタウンホール・ミーティングで隣に座った30歳前後の若者は、前回の選挙ではサンダースの情熱的な支持者だった。会場の隅々まで響き渡るような大声で、「民主党エスタブリッシュメントがバーニーから選挙を奪った」といまだに2016年の予備選について苦情を言っていたが、2020年にはサンダースを支持しないと決めているようだった。「バーニーの役割は終わった。今のバーニーは体制になってしまっているし、今回はもっといい選択が沢山ある」と話し、ジュリアン・アサンジを支持するツイートをしたガバードや「ユニバーサル・ベーシック・インカム」を唱えるヤングに注目していた。

ヤングのイベントで話を聞いた30代前半の男性も、前回の予備選ではサンダースに票を投じたが、今回は「良い選択肢が多い」と若い候補の中から選ぶつもりのようだ。

demo190507-03.jpg

アンドリュー・ヤングのイベントに来ていた30代前半の医療業界の専門職カップル。男性のほうは前回の予備選でサンダースに投票したが、今回は「良い選択肢が多い」と若手の候補の中から吟味している(筆者撮影)

前回の大統領選では、若者はサンダースを応援するのが格好良いことであり、ヒラリー・クリントンの支持者は隠していなければならないような雰囲気があった。今回はまだ確固としたムーブメントが見られないが、大学のキャンパスでヤングの名前がついたTシャツや「Math(数学、数値的事実から政策問題を訴えるヤングの支持者の合言葉)」というロゴがついた帽子が目立つようになっている。インターネットで若者に最も人気があるのもヤングだと言われている。USA Todayの読者投票でアンドリュー・ヤングをトップに引き上げたのは、こういった支持者だ

若い候補を求めるのは若者だけではない。

ヒッケンルーパーのイベントで「私が本当に出てほしいのはジョー(バイデン)よ」とささやいてくれた70代とおぼしき女性もいたし、ウォーレンのイベントで「私は昔から骨の髄までバーニー(サンダース)派。バーニーが大統領候補でウォーレンが副大統領候補という組み合わせを望む」という白い髭を長く伸ばしているサンダースと同世代の男性もいた。だが、彼らは少数派だ。

意外かもしれないが、ニューハンプシャー州での早期のイベントに参加した有権者から繰り返し耳にしたのが「民主党の指名候補が誰になっても応援するが、サンダースにはなってほしくない」という意見だった。サンダースの熱心な支持者はすでに彼に決めていてほかの候補のイベントに来ないから当然といえるかもしれない。だが、彼らが理由として挙げた「サンダースは、アメリカを敵と味方に分けるという点で左のトランプ」という意見は注目に値する。分断したアメリカを統一させたい、という渇望は、特に若手候補のイベントで強く感じる。

現時点では、あまりにも候補の人数が多いためにサンダースとバイデンは知名度で支持を集めている。だが、若手集団からニューハンプシャー州やアイオワ州で数人のスターが突出してきた場合には、サンダースとバイデンを脅かす有力な候補として全米の有権者に新たな選択を与える。そうなったら選挙の様相はがらりと変わるだろう。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!