コラム

【2020米大統領選】「高齢白人男性」同士の争いを懸念する民主党の支持者たち

2019年05月07日(火)16時00分
【2020米大統領選】「高齢白人男性」同士の争いを懸念する民主党の支持者たち

大統領選の民主党指名候補争いには22人が名乗りを上げている(筆者撮影)

<最大の懸念は、有権者の関心が高い気候変動や女性・マイノリティの人権、それにAIが職を奪う未来には想像が及ばないこと>

4月25日にジョー・バイデン前副大統領が公式に出馬を表明し、5月2日にはコロラド州選出の上院議員が加わり、民主党の指名を争う候補は22人になった。バイデンは24時間で630万ドル(約7億円)の寄付を集め、選挙資金でも世論調査でもバーニー・サンダースとトップを争う位置にいる。

トランプ大統領は72歳で、バイデンは76歳、サンダースは77歳だ。事実誤認や突然の怒りや嘘が多いトランプの言動を、70代の現役時代にアルツハイマーをすでに発症していたロナルド・レーガンと比較するメディアもあり、2020年の大統領選が高齢者同士の戦いになることへの懸念が生まれている。

民主党の有権者が抱いている懸念は年齢だけではない。フロントランナーたちが「白人男性」ばかりだという点も、だ。というのも、現在のアメリカが抱える多くの深刻な問題は、社会経済的にあらゆる場で絶対の権力を握ってきた「白人男性」が作ったものだという考え方が広まっているからだ。

作家のレベッカ・トレイスターは、#MeTooムーブメントが2017年の秋に暴露したハリウッドの現状について「告発されているのは、どの芸術が観客に見られ、評価されるのか、そしてここが重要なのだが、どの芸術に金が払われるのかを決定する手助けをする男たちである。誰の物語が映画化されるのかを決めるのも彼らだ。彼らはまた、政治家に関するどのようなメッセージを国民に伝えるのかを決め、選挙では政治家の中から選りすぐる最も大きな力を持っている男たちだ」と書いた。

また、レベッカ・ソルニットは、後に女性の同僚や部下から性的暴力やセクシャルハラスメントを告発されて職を失ったジャーナリストのチャーリー・ローズやマット・ラウア―、マーク・ハルペリンなどの権力ある男性が選挙中にヒラリー・クリントンの好ましくないイメージを作り出してきたことを指摘し、「政治家をどう描くのか、政治家についてのどの部分を強調して語るのか(クリントンのEメール問題)、何について語らないのか(トランプとマフィアとの関係、嘘、数々の破産、告訴、性的暴力)を決めるのも(メディアで力を持つ)男たちだった。それが2016年の大統領選を形作った。もし構想を作る責任者が別の者だったなら、異なる結果になったことが想像できるだろう」と書いた。

また、アメリカでは収入格差が広まり、「中産階級」が消えようとしている。多くの社員が最低賃金を15ドルに引き上げる戦いをしている中で、その企業のCEO(最高経営責任者)は30億円前後の巨額の年収を得ている。会社を自分で作り上げた創業者兼CEOに関しては移民や移民2世が増えているが雇われCEOのほとんどはアメリカの恵まれた環境で育った白人男性である。

こういったアメリカの問題が明らかになってきたいま、トランプ、サンダース、バイデンという3人のフロントランナーに不満や不安を抱く有権者(特にリベラル側)は少なくない。

バイデンとサンダースの問題点

トランプが複数の女性から性的暴力やセクシャルハラスメントを告発されているのは周知の事実だが、バイデンも女性が居心地悪くなるような性的な接触を指摘されている。それだけではない。1991年、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領がクレランス・トーマスを最高裁判事に指名したとき、トーマスの元部下だったアニタ・ヒルが議会の公聴会でセクシャルハラスメントを受けたことを証言した事件があったが、そのとき議長を務めたのが上院司法委員長のバイデンだった。当時の上院司法委員会は全員が男性であり、ヒルの立場を理解できる者はひとりもいなかった。また、バイデンは信憑性を調査していない男性からの「(ヒルは)好意を抱いている男性から拒否されるのに問題を持つ」ロマンチックな幻想を抱きがちな人物だという証言を許す一方で、ヒルの証言を裏付ける可能性がある女性たちの証言を退けた。

公聴会がまるで「フラれた女の恨み」的なヒルの人格攻撃的なものになるのを許した議長のバイデンの責任は重い。トーマスは最高裁判事に任命され、ヒルは嘘つき呼ばわれされて名誉を傷つけられた。バイデンは、大統領選に出馬するときになって自分の扱いが公平ではなかったことを認めたが、それは心からの謝罪といえるものではなく、ヒルはそれを受け入れてない

サンダースにも女性の人権に関する問題がある。彼は31歳のときに男女のジェンダー役割に関するエッセイを地方のマイナーな新聞に投稿していたのだが、そのエッセイの冒頭で、男性が女性に対する攻撃的な性行為の空想をしながら自慰をする例を出し、引き続き「女はパートナーの男とセックスを楽しむ――3人の男に同時にレイプされているファンタジーをいだきながら」と女性の性的ファンタジーの例を書いた。男女のジェンダー役割が性的な行為に影響を与えているというのがサンダースの論点だが、女性の「レイプファンタジー」をあたかも事実のように書くというのは、日常的に男性から性暴力やセクシャルハラスメントの被害にあう女性からは許せないことだ。

それだけなら「若気の至り」で見過ごすことができるかもしれない。だが、2016年の大統領選のときにサンダース陣営でセクシャルハラスメントが横行し、女性スタッフの給与が男性よりも少ない性差別があったことが後に明らかになった。女性スタッフが苦情を訴えたのに対応がなかったことについてCNNのアンダーソン・クーパーから質問されたサンダースは、「私は(選挙で)自分の主張を伝えるために国内を走り回っていたから少々忙しかったのだ」と皮肉な態度で答えた。しかし、選挙の忙しさ程度で自分の陣営の性差別に対応できない人物が、大統領になったときに全米のジェンダー問題に取り組むことができるだろうか?

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 7

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 8

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!