コラム

戦場を生き延びた兵士は、なぜアメリカで壊れるのか?

2016年08月31日(水)10時40分

 また、二大政党におけるゼロサムゲームの対立構造も、コミュニティ意識の喪失に拍車をかけている。保守とリベラルは、対立する党を軽蔑し、自分たちを正当化するが、ユンガーが指摘するように、どちらの党の主張も部分的には正しい。例えば、共和党は「働く気がないたかり屋の底辺層」のために税金を投入することを懸念するが、それは過去の歴史の中でも実施されてきたことだし、頭から否定すべきではないとユンガーは言う。同時に、老いた者や病める者の面倒を見る慈悲の心も人類初期の社会から見られた特徴だ。保守とリベラルのどちらの観点も人類にとっては必要なものだ。

 共和党支持者と民主党支持者のどちらも取材してきた筆者は、この部分に大いに共感を覚える。特に、右寄りの保守と左寄りのリベラルでよく見られることだが、自分とは政治的に異なる立ち位置の者を敵視するだけでなく、犯罪者扱いする傾向がある。妥協点を見出そうとする穏健派は、右からも左からも攻撃されてしまうのが現在のアメリカの政治環境だ。

 その解決案は、マウントサイナイ病院のレイチェル・イェフダ医師がユンガーに語った次の言葉に示されている。

「社会を機能させようと思ったら、互いの異なる部分を浮き彫りにし続けるべきではありません。共有する人間性を際立たせるべきです」「人が差異のほうにあまりにも大きな焦点を当てることに呆れ果てています。お互いがどんなに違うのかばかりに注目していますが、それよりも、何が私達を団結させるのか、重点的に取り組むべきではありませんか?」

【参考記事】予備選で見えてきた「部族化」するアメリカ社会

 こうしたユンガーの見解には納得できるところがある。

 しかし「部族感覚」を肯定する次のような主張には首を傾げざるを得なかった。

「もし戦争が、すべての観点で純粋に完璧に悪であり、そこから生じるものがすべて有害だとしたら、これほど頻繁には起こらないはずだ。破壊と人命の喪失だけでなく、戦争は古代人に勇気、忠誠心、無私無欲といった美徳のインスピレーションを与えた。体験した者にとってはとても陶酔する感覚だ」

 アメリカ先住民族の部族感覚をノスタルジックに語る部分、そして男が狩りや他の部族との戦いの中で連帯感と自尊心をかきたてられ、女や子どもが授乳と添い寝で連帯感と幸福感を得るといった感覚も、男性特有の懐古趣味に感じた。男性主体の「部族」での体験が多いことが影響しているのだと思うが、社会を構成するのは男性だけではない。

 次回は「部族」ではなく、女性やLGBTを含めた「コミュニティ」を体験してから書いて欲しいと感じた。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

ニュース速報

ワールド

中国との「第1段階」の通商合意、署名近い=米大統領

ビジネス

トランプ氏、講演でFRB再批判 通商交渉巡る新情報

ビジネス

米ボーイング、10月の新規受注は10機 年初からは

ワールド

米大統領補佐官代行、証言求める召喚状提訴せず 弾劾

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 2

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 3

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 4

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 5

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 6

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 7

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 8

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 9

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 10

    【鬱憤】なぜ多くの韓国人、特に若者は鬱憤を感じる…

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 8

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 9

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 10

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!