コラム

性転換するわが子を守り通した両親の戦いの記録

2016年01月13日(水)16時00分

 母親のKellyは、女の子として振る舞うWyattを最初からありのまま受け入れたが、息子二人と野球や狩猟をすることを夢見ていたWayneのほうは、何年も抵抗した。「自分は女の子だ」と主張する息子を守る妻をかえって批判的に捉え、プリンセスのようなドレスを着たWyattを怒鳴りつけたこともある。女の子として生きたい息子への対応をめぐって夫婦の間には亀裂ができ、一時は離婚の危機すらあった。

 それを乗り越えた原動力は、母としてのKellyの精神力と行動力だ。

 Kellyは、Wyattにあう児童心理セラピストを探し、家族ぐるみのセラピーを続けながら児童性転換の唯一の専門家もみつけた。

 幼いときに「身体の性」と「心の性/性同一性(性の自己意識・自己認知)」が異なる「性同一性障害」と診断されたとしても、現在のアメリカでは即座に性転換のプロセスを行うことはできない。

 性転換のプロセスは「12-16-18プログラム」と呼ばれる。12歳前後に望まない性の思春期開始を抑える療法を行い、16歳前後に望む性のホルモン摂取を開始する。この療法により、女性に性転換する場合には女性らしく成長し、男性に性転換する場合には男性らしく成長する。そして、ほぼ大人になった18歳前後に性別適合手術(sex reassignment surgery)を行う。

 思春期が始まるぎりぎりまで最初の療法を開始しないのは、成長を止めてしまうからだ。だから、それまで子どもたちは心とは違う性の身体に閉じ込められたままで外の世界と戦うことになる。Nicoleという女の子になると決めたWyattもそうだった。

 双子が通っていた小学校では、小学校5年生から女子トイレと男子トイレが別々の部屋に分かれる。女の子らしく友達と一緒に女子トイレに行っていたNicoleのことを、Jacobという同級生の少年が過激な宗教右派に属する祖父に告げ口し、宗教右派による学校への攻撃が始まった。それと同時に、JacobはNicoleに執拗な嫌がらせとストーキングをするようになった。

 息子の性同一性障害を受け入れられずにいたWayneが大きく変わったのは、この時期だった。

「わが子を守りたい」という父の愛情が、これまで根強くあった偏見に打ち勝ったのだろう。Wayneは、判事の前で息子がNicoleと公式に名前を変更するのを支え、小学校での「父と娘のダンス会」にも出かけ、妻と一丸になり、娘の安全のために女子トイレを使わせてくれるよう学校を訴えたのだ。

 こういうとき、普通の親ならどうするだろう?

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 9

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!