コラム

ウォシュレットや炊飯器は「序の口」...ジョージア大使の「最強のおもてなし術」とは?

2024年03月30日(土)08時30分
ティムラズ・レジャバ(駐日ジョージア大使)
お土産

HOKO TAKAYASUーBLOOMBERG/GETTY IMAGES

<日本育ちの大使にとって日本でジョージアを知ってもらい、ジョージアで日本を知ってもらうことは自らのアイデンティティに不可欠。両親から受け継ぎ、日本で培った「おもてなしの神髄」について>

大使という職業柄、人に会う機会が多いのだが、ジョージアからの訪日客に日本を案内することも重要な任務の1つだ。

どこに連れていけば喜んでもらえるか、私の行きつけのお食事処(どころ)に連れていこうか、日本のどんなお土産がいいのか......。そんなことを考えながら日本を案内し、相手が喜ぶ姿を見ていると、両国をつなぐ、この仕事にやりがいを感じる。

ただし、日本はユニークで独特な商品を数多くそろえている国だ。訪日客もそれを知っているため、私はいつも「無理難題」を突き付けられている。しかし、最初は苦労したものの、その要求に応えるだけの「実力と実績」を私も積みつつある。

ウォシュレットや炊飯器は序の口。日本製の包丁にジョージアの首相の名前をカタカナで名入れして持ち帰った人もいた。政府要人クラスになると当然のように盆栽や日本刀をお願いされる。そのため交渉と購入、そして輸出の手続きは今ではお手の物だ。

また、日本は薔薇(ばら)の品種改良が盛んで種類が豊富なため、薔薇コレクターから「禅ローズ」という品種について問い合わせを受け、購入を手伝ったこともある。その「禅ローズ」がジョージアで咲いているところをいつか見てみたいと思っている。

他方、いつも困る買い物もある。それはスマートフォンだ。

ある時、家電量販店に連れていってほしいと頼まれ、店の前で5分だけ待つように言われたのだが、いくらたっても戻ってこない。どうやらスマホを購入しようとしたらしい。

通常、日本のスマホはキャリア(通信事業社)と契約することが前提になっている。また、店頭に見本があっても取り寄せが必要であったり、仮にキャリアと契約するとしても手続きが煩雑だ。

スマホを買いたいだけなのに購入できないことに釈然としないジョージア人に対して、「とにかく買えないのです」と言うしかない。そういった日本の事情を説明して納得してもらうのも大変なため、「あまり多くを聞かないでほしい」という雰囲気を醸し出してその場をしのぐこともある。

というわけで、スマホは「お土産界」の鬼門なのだ。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)
・ティムラズ・レジャバ(駐日ジョージア大使)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、100機超える無人機発射 イスラエル軍発表

ワールド

イランがイスラエルに無人機とミサイル発射、革命防衛

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story