最新記事

日本

「日本の鉄道はゴールドレベル」世界中の電車に乗ってきた駐日米大使が太鼓判

JAPANESE TRAINS ARE “GOLD”

2022年8月12日(金)17時00分
山田敏弘(国際ジャーナリスト)
ラーム・エマニュエル駐日米大使

大使公邸でインタビューに応じたエマニュエル大使 HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

<移動手段に好んで電車を利用し、ツイッターでも「鉄道愛」を隠さないラーム・エマニュエル駐日米大使。日本での暮らしと日本の鉄道の優れた点について、ジャーナリストの山田敏弘が聞いた>

(※本誌8月9日/16日号「世界が称賛する日本の暮らし」特集より)

今年1月に着任したラーム・エマニュエル駐日米大使。2月17日に米海軍基地のある横須賀市を訪れたが、東京からの移動に使ったのは公用車ではなく、意外なことに一般の通勤客も利用する京浜急行の電車。

大使のツイッター投稿をチェックすると、その後も頻繁に電車を利用しているのが分かる。4月には、「東京レインボープライド2022」のパレードに参加するため、東京メトロを利用。また6月には、東銀座駅のホームに立つ写真と共に、「いつも通り日本の電車は完璧。私の乗車はいつでも定刻到着です。10点中10点満点!」とツイート。大使は鉄道が好きで、自ら好んで移動手段に電車を利用しているようだ。

オバマ政権では大統領首席補佐官を務め、その後はシカゴ市長も務めた大使が、大の鉄道好きだとは驚きだ。また大使のツイートからは日本への愛着も伝わってくる。そこで日本での暮らしと「鉄道愛」について、東京・赤坂の大使公邸でジャーナリストの山田敏弘が話を聞いた。

◇ ◇ ◇


──日本に来て約6カ月たつが、日本の印象は?

日本は素晴らしい国。人々は驚くほど温かいし、気が利くし......。人々が信頼し合っている社会だね。

妻とコーヒーが飲める自宅近くの書店に行ったとき、客が席を取るのにスマートフォンをテーブルに置いているのを見て、まさに信頼がないとできないことだと感じた。

これまで人生の大半を都市部で過ごしてきたが、東京は間違いなく世界でも有数の暮らしやすい都市だ。

──公務以外で出掛けることは?

食べることが好きだから、近所のレストランにはよく行く。クオリティーは申し分なく、夢のようだ。日本は生活の質が高くて驚いている。だからこそ、国民の平均寿命が高いのだろう。

──よく電車で移動しているが。

街を移動するのに利用している。日本には世界有数の鉄道システムがある。これまでロンドン、パリ、ベルリン、ミラノ、テルアビブなど世界各地の電車に乗ってきたが、日本の鉄道はゴールド(最高)レベルだと思う。

──どんなところが優れている?

日本全国のことを語れるわけではないが、まずすごく利用者に優しい。席は快適で、時間は正確で信頼できる。時間というのは非常に大事な「必需品」でリスク管理が必要だ。

アメリカなら、時間どおりに来ないという前提で動かなければならず、余計な時間がかかる。でも日本なら正確に時間が読めるので、その時間を使って、家を出る前に子供の宿題を見ることだってできる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、ロシアに大規模追加制裁 500超の団体・個人 

ワールド

中国国家主席、経済政策会合主宰 製造業支援を協議

ビジネス

中国、外資誘致へビジネス環境最適化へ=国営メディア

ビジネス

中国証券当局、信頼回復へ不正に厳罰 トップ交代後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中