コラム

今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

2020年02月12日(水)18時25分
周 来友(しゅう・らいゆう)
今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

AFLO

<新型コロナウイルスのせいで、中国人が1年間楽しみにしてきた春節が台無しになってしまった。だが中国では今、日本の株がぐんと上がっている。今回の騒動が日中関係によい影響をもたらすかもしれない>

今年の春節(旧正月)は史上最悪だった。

中国人は通常、この時期に1~2週間の長期休暇を取る。春節のために1年間身を粉にして働いていると言っていい。旧暦がない日本にいても、中国人は春節を心待ちにし、休暇が取れれば里帰りをしたり旅行に行ったりする。

かく言う私も1月24日の大みそかには、水餃子(ギョーザ)や春巻き、ちまきを用意して家族と食卓を囲んだ(仕事人間のさがで、ゆっくり味わう間もなく会社に戻ってしまったが)。

そうした楽しみが新型コロナウイルスのせいで吹き飛んでしまったのだ。故郷に帰れなくなった人、たまたま日本にいて戻るに戻れなくなった人......。見ていて本当に気の毒になった。

そんななか、2月2日に『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系列)に出演した。テーマは「春節で迷惑観光客が激増⁉ 偽造身分証に...カニ密漁まで⁉ 中国! 北朝鮮! 隣の外国人トラブルSP」。

以前にもここで紹介したが、中国人観光客のマナーは「人気のネタ」らしい。私は中国人の典型的な行動規範を説明し、出演者から中国人を代表してお叱りを受ける(大丈夫、慣れています)。

迷惑な中国人は来なくていい! その上、ウイルスを持ち込むかもしれない中国人なんて日本に入れるな! そんな声がネット上にも散見される。ありがたく拝聴するけれど、中国人観光客はこれからしばらく本当に姿を消すかもしれない。

中国政府は1月27日以降、国外団体旅行を禁止した。個人旅行やビジネス目的の訪日は許されるが、3月末までに40万人以上が訪日を中止するともいわれている。日本経済には大打撃だ。

17年前のSARS(重症急性呼吸器症候群)では同情的なトーンの報道が多かったと記憶しているが、対岸の火事という感覚がそうさせていたのかもしれない。今回はそんなトーンの報道がないが、それは日本にとってより深刻で身近な問題となっているからだろう。

では、この騒動が終息したときに日本は「やっぱり中国人が来ないと困る」と思うのか、それとも「来なくてもいいことが分かった」となるのか。どちらかにくみするわけではないが、どういう世論になるかは気になっている。

一方で中国人の側も、日本に行けなくなるこの「冷却期間」中に、いつまでたっても「マナーが悪い」と批判される状況に目を向けてもらいたい。

【参考記事】新型コロナウイルス:「ゴーストタウン」北京からの現地報告

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、国内石油企業に減産要請しない意向=政府

ワールド

英、最悪シナリオで新型コロナ死者5万人想定=関係筋

ワールド

スペイン、コロナ死者が1万人突破 感染ペース鈍化で

ビジネス

独経済、新型コロナで金融危機時超えるマイナス成長も

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!