コラム

今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

2020年02月12日(水)18時25分
周 来友(しゅう・らいゆう)
今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

AFLO

<新型コロナウイルスのせいで、中国人が1年間楽しみにしてきた春節が台無しになってしまった。だが中国では今、日本の株がぐんと上がっている。今回の騒動が日中関係によい影響をもたらすかもしれない>

今年の春節(旧正月)は史上最悪だった。

中国人は通常、この時期に1~2週間の長期休暇を取る。春節のために1年間身を粉にして働いていると言っていい。旧暦がない日本にいても、中国人は春節を心待ちにし、休暇が取れれば里帰りをしたり旅行に行ったりする。

かく言う私も1月24日の大みそかには、水餃子(ギョーザ)や春巻き、ちまきを用意して家族と食卓を囲んだ(仕事人間のさがで、ゆっくり味わう間もなく会社に戻ってしまったが)。

そうした楽しみが新型コロナウイルスのせいで吹き飛んでしまったのだ。故郷に帰れなくなった人、たまたま日本にいて戻るに戻れなくなった人......。見ていて本当に気の毒になった。

そんななか、2月2日に『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系列)に出演した。テーマは「春節で迷惑観光客が激増⁉ 偽造身分証に...カニ密漁まで⁉ 中国! 北朝鮮! 隣の外国人トラブルSP」。

以前にもここで紹介したが、中国人観光客のマナーは「人気のネタ」らしい。私は中国人の典型的な行動規範を説明し、出演者から中国人を代表してお叱りを受ける(大丈夫、慣れています)。

迷惑な中国人は来なくていい! その上、ウイルスを持ち込むかもしれない中国人なんて日本に入れるな! そんな声がネット上にも散見される。ありがたく拝聴するけれど、中国人観光客はこれからしばらく本当に姿を消すかもしれない。

中国政府は1月27日以降、国外団体旅行を禁止した。個人旅行やビジネス目的の訪日は許されるが、3月末までに40万人以上が訪日を中止するともいわれている。日本経済には大打撃だ。

17年前のSARS(重症急性呼吸器症候群)では同情的なトーンの報道が多かったと記憶しているが、対岸の火事という感覚がそうさせていたのかもしれない。今回はそんなトーンの報道がないが、それは日本にとってより深刻で身近な問題となっているからだろう。

では、この騒動が終息したときに日本は「やっぱり中国人が来ないと困る」と思うのか、それとも「来なくてもいいことが分かった」となるのか。どちらかにくみするわけではないが、どういう世論になるかは気になっている。

一方で中国人の側も、日本に行けなくなるこの「冷却期間」中に、いつまでたっても「マナーが悪い」と批判される状況に目を向けてもらいたい。

【参考記事】新型コロナウイルス:「ゴーストタウン」北京からの現地報告

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

ニュース速報

ワールド

スウェーデン、国内旅行制限を13日解除 専門家は感

ビジネス

ECB緊急債券購入、独仏などが小幅増額を提案=関係

ワールド

天安門事件から31年、大規模集会禁止の香港で追悼行

ビジネス

フィンランド、EUコロナ復興基金案を拒否 倹約4カ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!