コラム

ベルリンのコワーキングスペースが隆盛な理由

2021年12月28日(火)17時08分

コワーキングのトレンド

ドイツの巨大企業でありながら、顧客としてもオーナーとしてもコワーキングのメリットを長年にわたって認識しているのがドイツ鉄道(Deutsche Bahn AG、略称:DB)である。DBは、20万人以上の従業員を抱えるドイツ最大の鉄道企業だが、ここ数年、ベルリンのさまざまなプロバイダーからコワーキングサイトのデスクやオフィス、さらにはスペース全体を借りている。

2018年末、同グループは自社の本社から目と鼻の先にあるポツダム・プラッツのWeWorkに「DB Digital Base」を設立した。DBのWeWorkオフィスは、9階建ての5000平方メートルの広さで、約250人の従業員がデジタル・イノベーションに取り組んでいる。

DBは単なるコワーキングスペースの顧客ではない。2015年には、グループ独自のコワーキングスペース「DB mindbox」をベルリンのヤノヴィッツ橋駅 (Bahnhof Berlin Jannowitzbrücke)のアーチの下に720㎡の敷地を設け、「駅に直結したスタートアップ」を売りに、DBの社員がスタートアップ企業と共同でデジタル・イノベーションに取り組んでいる。そして昨年8月、ベルリンのコワーキング市場にDBが本格参入してきたのである。

ベルリンの中央駅の10階にある「everyworks」は、個人旅行者や中心地でフレックスオフィスを探している企業をターゲットにしたDBのコワーキングスペースだ。このスペースは、DB社の従業員のためのものではなく、DBにとっては、コワーキングやフレックスオフィスの不動産の世界に参入する新しい事業である。

takemura20211228d.jpg

ドイツ鉄道の運営するコワーキングスペースeveryworksのHP画面

DBのような大手企業がコワーキングやフレックス・オフィスの世界に参入したからといって、コロナ後の世界がコワーキングスペースにとって確実な収益源になるとは限らない。ひとつには、パンデミックの影響で、潜在的な顧客がスペースを探す際に、より選択的になったことが挙げられる。今、人々は 「自分にはどんなオフィスや仕事環境が必要なのか」を真剣に考えていのだ

地下の宇宙船でハッカーが共同作業をしたり、ラップトップでラテを飲んだりしていた時代とは異なり、ベルリンのコワーキングスペース事業は、今や大企業との戦場となっているのだ。

ブランデンブルクのコワーキングスペース

一方、都市の労働環境と田舎の生活の融合も進んでいる。パンデミックが長引くほど、特に大都市では多くの人がホームオフィスにうんざりしている。それが、田舎のコワーキングスペースに向かう人が増えている理由である。

ベルリンから西へ車で約1時間半、ハヴェラント州のグロースヴディッケ(Großwudicke)への道に入ると、広い視界が広がる。都会の窮屈さや、終わらないパンデミックで、ホームオフィスに長時間閉じ込められた後の安堵感を取り戻せるのが自然の力である。

グロースヴディッケは、一見すると、古い煉瓦の建物と、新しく建てられた一戸建てが数軒ある普通の村で、緑の防音壁となる森の向こうには、高速列車ICEが走っている。しかし、そんな中、旧東ドイツ時代に建てられた建物に、今では現代のデジタルワーカーが入居している。

それが"Waldstatt (森林に覆われた場所)"という名前にふさわしいコワーキングスペースだ。最先端のテクノロジー、レンタルオフィスやレンタルワークステーション、大型スクリーンを備えたミーティングルームなど、「デジタルワーカー」が必要とするものがすべて揃っている。

takemura20211228e.jpg

Waldstattの創立者であるフロリアン・クンツは、「農村地域のイノベーションの推進力としてのコワーキングスペース」というテーマで修士論文を書いた。これがWaldstattの原点だった。写真はWaldstattの外観。Photo:Waldstatt

窓の外には農場が広がり、居心地の良さに包まれる。創業者フロリアン・クンツが "Waldstatt "を設立したのは、パンデミックの最中の2020年10月だったが、すでにほとんどが予約で埋まっている。

都会からの脱出:田舎のコワーキングスペース

都会からそれほど遠くない過疎の村を活性化する前提条件は、高速インターネットである。グロースヴディッケに移り住みたいという人が増え、フェリックス・メンツェル村長は、村のさらなる発展のために全力を尽くしてきた。彼の功績は、グロースヴディッケに高速インターネットを導入したことだ。これが成功のための重要なレシピである。だからこそ、"Waldstatt "はうまく機能する。インターネットが使えれば、都会的な仕事も可能だ。そして、田舎に住むということがだんだんと浸透していくことになる。

このトレンドが広がっているブランデンブルク州では、田園地帯にコワーキングスペースが続々と誕生している。ブランデンブルク州ポツダム=ミッテルマルク郡の郡庁所在都市であるバート・ベルツィヒには、今では有名になった「Coconat」がある。シックでウェルネス効果の高い施設で、芸術家や作家が美しい敷地内で数週間の静養をすることもある。

ブランデンブルク州東部にあるAlte Schule Letschin(レチンの古い学校)では、コワーカーがスペースを借りて仕事をしたり、オーデルブルフの美しい風景を楽しんだりすることができ、1日約12ユーロで利用できる。この機会に、かつての過疎地域が新たな勢いを得てトレンドになっている。これにより、ベルリンのワークプレイスは、郊外地域のあらゆる方向に向かって放射状に広がっていくことになる。

都市の中心市街地を求める人と、郊外生活を求める人たちとの新たな人口動態が生まれている。


プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中