コラム

ドイツのデジタル・ワクチン・パスポート「CovPass」の光と影

2021年05月26日(水)17時00分

ケルン・メッセのホール4に設置されたCOVID-19ワクチン接種センター。ワクチン接種者が1対1で医師と対話することができるブースが用意されている

<ドイツでもワクチン接種が加速している。通常の日常生活を送るためのデジタル・ワクチン・パスポートも、数週間後には利用可能となる予定だが、データ保護団体からは懸念の声があがっている>

自由へのパスポート?

ドイツでは、コロナ・ワクチン接種が加速している。連邦保健省によると、直近の5月21日だけでも、797,359人分のワクチンが接種され、現在までに、ドイツの全人口の39.9%(約3,314万人)が少なくとも1回のワクチン接種を受けている。そして、全人口の13.6%におよぶ約1,134万人が完全なワクチン接種を受け、現在、1日あたり平均70万回の接種が実行されている。これは、1秒間に8人の接種を示している。

多くの人が待ち望み、通常の日常生活を送るためのデジタル・ワクチン・パスポートも、数週間後には利用可能となる予定だ。ワクチン接種を受けた人には、多くの活動の自由が与えられる。ワクチン接種の証明は、ショッピング、旅行、外食、文化イベントなどの入場券として、実質的に「自由へのチケット」となるからだ。長いロックダウンから抜け出し、経済活動を活発に行うために、ワクチン・パスポートは必須の要件となりつつある。しかし、これにはメリットとともに大きな懸念事項もある。

世界初となるEU圏内におけるデジタル・ワクチン・パスポートの導入は、6月末には開始される予定だが、偽造に対するセキュリティの問題や、個人データ保護の立場からは、多くのリスクも指摘されている。さらに、ワクチン接種者と非接種者との分断を助長させるなど、懸念される問題点も多い。

連邦政府のCovid-19に関する中央機関であるロベルト・コッホ研究所(RKI)は、スマートフォン用のデジタル・ワクチン接種証明書となる「CovPass」アプリが、近く利用できるようになると発表した。コロナ・ワクチン接種の証明は、人々の自由な活動の制限を解除する鍵となると期待されており、6月中には、CovPassがドイツで発行され、その後すぐにEU全体で実施される予定である。

takemura20210526_1.jpg

ドイツで6月中には利用可能となるCovPassは、ワクチン接種のデジタル証明を可能にする。画像:Robert Koch Institute

EUはデジタル・ワクチン・パスポートの普及を加速させている。それは長期化したロックダウンによって、EU市民の自由が制限され続けてきたことへの応答であり、何より経済活動の再開への期待である。ワクチン接種を証明し、感染症を克服したことの証明、または現在の検査結果が陰性であること、そのすべてがグリーンであれば、証明書は有効である。

2021年3月、欧州委員会の提案を受け、そのわずか1ヵ月後にはEU加盟国が「デジタル・グリーン認証」の技術仕様に合意した。EUがグリーン認証と呼ぶワクチン・パスポートは、5月10日には試験運用を開始し、6月にはドイツだけでなく、フランス、イタリア、オランダ、スペイン、オーストリアなどの国で、誰でもアプリを使えるようになる予定だ。

デジタル・ワクチン・パスポートの仕組み

デジタル・ワクチン・パスポートは、いくつかのステップで機能する。まず、ワクチン接種時に、認定機関が「証明書生成アプリ」を介して、証明書サーバーにQRコード形式の証明書と、関連するセキュリティ・キー(公開鍵)の個別識別子を要求する。証明書には、ワクチンを接種された人の氏名、生年月日、証明書の発行日、予防接種データ(使用したワクチンの種類、日付)が記載される。

takemura20210526_2.jpg

COVID-19ワクチン接種の2回接種の証拠を含む紙のワクチン接種証明書。エアランゲンのワクチンセンターで、mRNAワクチン「トジナメラン:Tozinameran」と呼ぶ抗体療法製剤の2回の予防接種の記載がある。©Superikonoskop CC BY-SA 4.0

ワクチン接種だけでなく、感染からの健康回復が確認されたことや検査結果を記録することもできる。個人情報は中央サーバーには保存されず、認証機関は証明書とそれに対応する公開鍵を発行するだけだ。

次は接種者のスマホへの保存である。証明書は、スマホ内の専用ウォレット・アプリ(iOSおよびAndroidで利用可能)に保存され、この機能は、コロナ警告アプリなど他のアプリに統合することも可能だ。ちなみに、EUの「デジタル・グリーン認証」は、紙の証明書もあり、CovPassをプリントアウトして携帯することも可能だ。これはアプリと同じように使える。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ外相「何も変わらず」、プーチン氏の4州併

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約署名 演説で

ワールド

ウクライナ、NATO迅速加盟正式申請 プーチン氏と

ワールド

米、対ロシア追加制裁へ 中銀総裁など対象 4州併合

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中