コラム

欧州連合がGAFAを厳格に規制する法案を発表──世界のデジタル経済の行方を左右する

2020年12月22日(火)16時10分
欧州連合がGAFAを厳格に規制する法案を発表──世界のデジタル経済の行方を左右する

「世界で最も有名な規制当局」と評される欧州委員会・競争委員会のマルグレーテ・ベステアー長官 Olivier Matthys/REUTERS

<欧州連合(EU)は2020年12月15日、フェイスブック、アマゾン、グーグルなどの巨大なテック系企業が欧州でビジネスを行うための厳格なルールを定めた法案を発表した...... >

デジタル経済の最重要課題

欧州連合(EU)は2020年12月15日、テック系企業が欧州でビジネスを行うための厳格なルールを定めた法案を発表した。フェイスブック、アマゾン、グーグルなどの巨大な権力を抑制しようとする法律の下、これらの企業は近い将来、EU競争法違反で巨額の罰金だけでなく、分割、操業の一時停止に直面する可能性がある。

インターネット大手の市場独占がもたらす問題への対応策は、米国内の民主・共和両党でも議論が重ねられている。データとなった市民のプライバシーを抽出し続け、追跡広告をはじめ、世界中の市民の個人データから莫大な収益を得ているビッグテックへの批判は沸騰している。先の米大統領戦で民主党候補のひとりだったエレザベス・ウォーレン上院議員は、グーグルやフェイスブックを解散に追い込むべきとの強硬論を主張してきた。

そんな中、デジタルサービス法(DSA)とデジタルマーケット法(DMA)と名付けられた欧州委員会の法案は、EU法において長い間延期されてきた革新の幕開けを告げるものだ。デジタル経済の枠組みを設定するEUの規制のほとんどは、20年前のものであり、これまで更新されてこなかった。

混沌に秩序をもたらすか?

欧州委員会の副委員長で競争委員会を率いるマルグレーテ・ベステアー長官と、EUのデジタル政策責任者であるティエリー・ブルトンは、12月15日、ブリュッセルのEU本部において草案を発表した。

takemura1222_2.jpg

マルグレーテ・ベスタガーは、デンマークの政治家で経済大臣を努めた後、2014年より欧州委員会の競争委員会長官、2019年より欧州委員会副委員長。競争委員としての立場で、グーグル、アップル、アマゾン、フェイスブック、クアルコムを含む主要な多国籍企業を調査、訴訟を起こすことで国際的に知られている。彼女は、「世界で最も強力なトラストバスター」および「世界で最も有名な規制当局」と評されている。© European Union, 2020. Photo by Aurore Martignoni

takemura1222_3.jpg

ティエリー・ブルトンはフランスの実業家、政治家。2019年12月1日以来、彼は欧州委員会のEU市場と産業政策担当委員を務めている。2019年10月、彼はエマニュエル・マクロン大統領からフランスのEUコミッショナーのポストに指名された。©European Union, 2020. Photo by Aurore Martignoni

ベステアー執行副委員長は、これまでもEUの競争法(大企業などの市場に対する圧力を規制する法体系)を盾に、GAFAに巨額な制裁金を課してきた。ベステアーは2つの法案を、20世紀初頭、自動車という新技術による交通の混乱を制御した電動信号灯に例え、「デジタル時代に適合する二つの道標」だと説明した。

サービス法は「インターネットの大混乱に秩序を与える」目的だと強調し、「デジタルサービス法とデジタルマーケット法は、表現の自由を保護しつつ、安全で信頼できるサービスを創出する」と、ベステアーはブリュッセルでの記者会見で述べた。

法案の内容

2つの法案は、インターネット企業が行うべきこと、してはいけないことの罰則リストを定めている。以下の8つが、具体的な規制事項である。

1. EU 域内に4,500万人以上のユーザーを持つ企業は、デジタル「ゲートキーパー(情報伝達の仲介者)」に指定され、より厳しい規制の対象となる。
2. 企業はEU競争法に違反した場合、年間売上高の10%までの罰金を科せられる可能性がある。
3. 企業は、その事業の一つまたは一部(権利やブランドを含む)の売却を要求される可能性がある。
4. 遵守を拒否し、「人々 の生命と安全を危険にさらす」プラットフォームは、「最後の手段として」 サービスを一時的に停止される。
5. 企業は、計画されている合併や買収の前にEUに通知する必要がある。
6. 特定の種類のデータは、規制当局やライバル企業と共有しなければならない。
7. 自社サービスの利益だけを有利に貫く企業は非合法化される可能性がある。
8. プラットフォームは、違法、妨害、誤解を招くようなコンテンツに対する責任を負うことになる。

デジタルサービス法は、企業規模に関係なく、すべてのデジタルサービスに適用され、e-コマースとソーシャルメディア・プラットフォームに加えて、インターネット・プロバイダー、比較ポータル、予約ポータル、アプリストア、クラウドやウェブ・ホスティングサービスも規制の対象となる。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ビジネス

アングル:地銀の政策保有株、株高で収益を支援 削減

ワールド

J&Jワクチン、米2州で女性2人が接種後に死亡・入

ビジネス

独ダイムラー、通年利益見通し上方修正 第2四半期も

ビジネス

日経平均は反落、引き続き感染拡大が重し 商い細り模

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中