コラム

ドイツの夜間外出禁止令は、結局、クラブ・パーティの秘密化を助長する

2020年11月18日(水)17時00分

クラブへの資金提供

パンデミックに伴い、ドイツ政府や州により、クラブの存続のための5つの異なる資金提供プログラムが設定された。その中のクラブ文化支援プログラムは、連邦政府から8,000万ユーロ(約98億1,715万円)をクラブに提供している。しかし、これらの助成プログラムは実際にどのように機能しているのだろうか?

ドイツ印税徴収協会(GEMA)のプログラムは、クラブ会場の物理的な変更を支援するために設定されている。クラブをコロナの衛生基準に適応させ、改築工事をする場合、例えば、屋外に雨を避ける屋根を張り、バーを少し広くして、人々がお互いに近すぎないようにするなどは、このプログラムが助けになるかもしれない。

しかし、これらの資金提供プログラムは、合法的でコロナ対策に準拠したパーティーを運営するクラブのみが利用可能である。ベルリンのクラブ・パーティーを定義する集団接触を前提とするイベントには対応していない。これにより、定期的に性解放をテーマにしたパーティーなどは、完全にアンダーグラウンドになっている。

秘密化するクラブ・パーティ

ベルリンの快楽主義クラブ「キットカット(KitKat)」やいくつかのクラブの常連客の多くは、他の方法を見つけて、プライベートなパーティーを開いている。これらの秘密のパーティーは、WhatsAppやフェイスブックのプライベート・グループを通じて告知され、秘密の場所で開催されている。

パーティーの場所はSMSコードで表示される。これは、90年代に口コミや手書きのメモで秘密のパーティ会場を知らせた手法を彷彿とさせる。現代のSNSは、親密さと排他的な新しい感覚をもたらしている。

秘密のパーティーが排他的である理由のひとつは、警察が現れて1万ユーロの罰金を科すからだ。すべてのクラブは、秘密パーティのようなリスクを冒すことができないので、屋外にビアガーデンを併設するなどして、実際にはクラブの営業はしていない。秘密のパーティーの多くは、ベルリンの中心部から離れたブランデンブルクやケ―ペニックの田舎で開かれている。そこは隣人が文句を言わず、警察にも見つからない場所である。

違法なことをしているという罪悪感と、人々と一緒に集まることの恍惚感、大音量でテクノを聴き、踊り、それを組織する欲望とのパラドックスが、現在のベルリンのクラブ文化の内情である。リスクを冒してまで、秘密のパーティが開かれる理由こそ、クラブが社会の中で何を支えているかという解答となる。

収束しないパンデミックの中で、どれだけパーティーを開くことができるのか?それは間違いなくクラブを必要とする人々に重くのしかかっている。秘密のパーティーは水道もない廃墟のような建物で開かれており、衛生面の心配やマスクをつけないリスクとも向き合っている。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、第46代米大統領に就任 「団結」訴え

ビジネス

米住宅建設業者指数、1月は低下 コロナ感染拡大など

ビジネス

米モルガンS、第4四半期は大幅増益 コロナトレード

ワールド

WHO、一連のコロナワクチン承認へ 貧困国に迅速供

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!