最新記事

外交

欧米の欲につけ込んだカダフィの謀略

Can Buy Me Love

ブッシュやブレア、ベルルスコーニはなぜ「のけ者」カダフィと抱擁したのか、独裁者の懐刀が暗躍したスパイ戦の舞台裏

2011年10月21日(金)14時17分
クリストファー・ディッキー(中東総局長)

 ロンドンの一角に、トラベラーズクラブという古い社交クラブがある。館内には座り心地のいい革張りの肘掛け椅子が配され、19世紀以来、国際的な謀り事に関わる紳士たちの密会場所として用いられてきた。

 03年12月、リビアの情報機関のトップだったムーサ・クーサがイギリスとアメリカの情報機関の代表と会ったのも、その一室だった。会談の目的は、リビアの独裁者ムアマル・カダフィを国際社会に迎え入れるための取引をまとめることだった。

 現在リビアの対外連絡・国際協力書記(外相)を務めるクーサはカダフィと異なり、都会的な物腰が特徴の人物。70年代に米ミシガン州立大学で修士号を取得し、子供2人はアメリカ生まれのアメリカ市民だ。「(クーサは)私たちの理屈を理解できるはず」だと、90年代にクーサと交渉した経験があるアメリカの情報機関当局者は言う。

 この見方は間違っていない。今までカダフィが常軌を逸した言動を続けられたのは、欧米の流儀を心得ているクーサが言い逃れを用意し、火の粉を払いのけ、妥協案をまとめてきたからにほかならない。

 その過程でクーサは、世界の多くの指導者たちにカダフィ体制延命の片棒を担がせてきた。トニー・ブレア元英首相、ゴードン・ブラウン前英首相、ニコラ・サルコジ仏大統領、シルビオ・ベルルスコーニ伊首相、それにジョージ・W・ブッシュ前米大統領まで引き込んだ。

 どうして、世界の国々の首脳たちは、国際社会の「のけ者」と手を結ぶに至ったのか。

 元CIA(米中央情報局)長官のジョージ・テネットが著した回想録によれば、CIA関係者の多くは、リビアの情報機関工作員による88年のパンナム機爆破テロ(死者270人)の糸を引いたのがクーサではないかと疑っていた。

 しかし03年の時点で欧米は、トラベラーズクラブの肘掛け椅子の感触と同じくらい、クーサの提案を心地よく感じていた。リビアの油田と、莫大なオイルマネーに潤うリビアでのビジネスチャンスは、あまりに魅力的だった。

 しかも、リビア側は核開発計画の全面放棄も約束した(実際には核開発などほとんど進んでいなかったのだが)。イラクで大量破壊兵器を発見できなかったブッシュ前米政権にとっては、せめてリビアで成果を挙げたとアピールするチャンスだった。

欧米が拒めなかった提案

 それだけではない。民主国家の首脳は時に、「役に立つ独裁者」に弱い。そこでリビアは、国際テロ組織アルカイダに関する情報をブッシュに提供。ベルルスコーニのためには、地中海を渡ってイタリアに上陸する不法移民の取り締まりを徹底した。

 リビアは、いくつか分かりやすい政治的ジェスチャーも見せた。パンナム機爆破事件の裁判のために容疑者2人の身柄の引渡しに応じ、遺族それぞれに1000万ドルの補償金を支払うことを決定。大量破壊兵器開発計画を破棄すると表明したのも、この路線の一環と言える。

 その上、リビアはカダフィの次男セイフ・アルイスラム・カダフィを事実上の対外スポークスマンとして前面に押し出した。イギリスに留学経験のあるセイフは、父親に比べればだいぶ親しみやすい。

 この戦略は、ごく最近まですべての関係者にとって非常にうまく機能していた。リビア側との交渉に携わった欧米の担当者たちにも悪い結果をもたらしていないように見える。

 現役時代にクーサと緊密に接触していたイギリスの元スパイマーク・アレンは、トラベラーズクラブでの密会から程なく諜報機関MI6を退職。現在は石油大手BPの顧問として高給を受け取り、「サー」の称号まで手にした(アレンの事務所は、彼の果たした役割についてコメントを拒否している)。

ニュース速報

ワールド

イタリア連立協議難航、ベルルスコーニ氏は五つ星運動

ビジネス

物価2%は道半ば、達成まで金融緩和継続─黒田日銀総

ワールド

中国、北朝鮮からの1─3月輸入は人民元建てで前年比

ワールド

北朝鮮の交通事故で中国人旅行客に多数の死者=中国外

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月