注目のキーワード

米外交

ニューズウィーク日本版『米外交』に関する記事一覧

年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは大荒れの予感
米韓関係

年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは大荒れの予感

<南北融和に重点を置いた文在寅大統領の「新年の辞」をめぐって米韓が批判の応酬> 米国のハリス駐韓大...

2020.01.14
        
イランとの応酬はまるでギャンブル、トランプ外交の極限の危うさ
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

イランとの応酬はまるでギャンブル、トランプ外交の極限の危うさ

<今回の一件でトランプはおそらく相当程度にペンタゴンを掌握したと見られるが......> トランプ...

2020.01.09
        
イラン司令官殺害が象徴する、イラク・シーア派への米政府の「手のひら返し」
中東徒然日記 酒井啓子

イラン司令官殺害が象徴する、イラク・シーア派への米政府の「手のひら返し」

<歴代の米政権が黙認してきたイラクの親イラン化に、トランプ政権がようやく目を向けた途端、自己正当化の...

2020.01.09
米国防総省、地上発射型弾道ミサイル実験を実施
米軍事

米国防総省、地上発射型弾道ミサイル実験を実施

米国防総省は12日、地上発射型弾道ミサイルの発射実験を実施したと発表した。米国は8月2日、旧ソ連と1...

2019.12.13
NATOの「脳死」はトルコのせいではない
NATO

NATOの「脳死」はトルコのせいではない

<設立70周年を迎えたというのに、シリアをめぐるアメリカとトルコの対立で、NATOは機能不全に陥って...

2019.12.04
ロシアと中国、パイプライン開通でアメリカに対抗
中ロ関係

ロシアと中国、パイプライン開通でアメリカに対抗

<両国を結ぶ初の道路橋とパイプラインを相次いで完成させ、経済面でも軍事面でも協力関係を強化させつつあ...

2019.12.03
香港で民主派デモが再開、警察の催涙ガス攻撃も復活
香港

香港で民主派デモが再開、警察の催涙ガス攻撃も復活

<民主派が圧勝した区議選から1週間。穏やかな日々は続かなかった> 11月24日の区議会選挙(地方議...

2019.12.02
「韓国に致命的な結果もたらす」文在寅を腰砕けにしたアメリカからの警告
GSOMIA延長

「韓国に致命的な結果もたらす」文在寅を腰砕けにしたアメリカからの警告

<アメリカはもしかしたら、いっそう強力な警告を韓国政府に行っている可能性もある> 韓国政府は22日...

2019.11.22
「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱
GSOMIA破棄

「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

<米政府系メディアのVOAは、韓国政府のGSOMIA破棄の決定について、アメリカ政府元高官や米軍元幹...

2019.11.20
        
シンクタンクにも左派、保守派、独立派があり、その影響力は絶大
CIAが視る世界 グレン・カール

シンクタンクにも左派、保守派、独立派があり、その影響力は絶大

<米政界でブレーンとして活動する政策集団のシンクタンク。1910年にアメリカで最初のシンクタンクが設...

2019.11.15
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら