コラム

権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

2020年09月19日(土)13時00分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

Racism With Chinese Characteristics / (c)2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<中国の少数民族弾圧を、欧米の人種差別の考え方で解釈すると誤解することになる>

「1つの民族を滅亡させたいなら、まずその民族の文化を崩壊させる。その文化を崩壊させるため、まずその民族の言葉を消滅させる」――中国人の間で有名なこの言葉は、日中戦争を描く「抗日神劇」のセリフとしてしばしば登場する。旧満州における日本語教育も「日本侵略者の罪」であると、中国政府は愛国教育の中で中国の子供たちに教えてきた。

皮肉にもこれと全く同じことが中国国内で起きた。内モンゴル自治区の学校で始まった、標準語教育を強化しモンゴル語教育を減らす政策への抗議運動に対し、中国政府は「民族分裂」という罪をかぶせてモンゴル人住民を拘束。民族弾圧や人種差別だと、外国メディアは大きく報じた。

ただし、中国の民族弾圧は欧米の人種差別の考え方で解釈すると誤解する。アメリカの人種差別は肌の色や宗教・信仰の違いによる偏見・区別・排除だが、中国では違う。中国において一党独裁政権はいつも偉大・繁栄・無謬(むびゅう)の中心であり、どの民族も心を1つ、思想も1つにして党の周りに団結し、その命令に服従しなければならない。権威主義体制を固めるため、全ての不利益を事前に取り除くことが、中国式の民族弾圧や人種差別の本質ではないか。

内モンゴル自治区で標準語教育を強化するという政策の出発点も、恐らく党を中心とする「良い子」を育てることにあるのだろう。民族文化が崩壊するかどうか、自己中心的な権力者が心配するわけもない。それは共産党が少数民族どころか、漢民族自身の伝統文化まで破壊し続けていることからも分かる。

そもそも今の中国の歴史教科書は「元朝の出現がわが国の統一的多民族国家の発展を促進した」と、モンゴル人王朝を賛美している。つまり、チンギス・ハンは宋王朝を崩壊させた侵略者ではなく、「中国史上の偉人」「民族英雄」と認識されているのだ。満州族による清王朝も同じである。

中国人は金持ちのアラブ人も差別しない。権威あるものになびく、というご都合主義的歴史観の持ち主は、権威なき少数者に対してここまで残酷になれる----ここ数年の中国の行動から学べる教訓だ。

【ポイント】
藏人、维吾尔人、蒙古人

チベット人、ウイグル人、モンゴル人

抗日神劇
中国で制作される日中戦争(抗日戦争)をテーマにしたテレビドラマのうち、内容が荒唐無稽なもの。若者を引き付けるため、手で日本兵を真っ二つに引き裂いたり、国民党女性将校がミニスカート姿だったりと、史実を無視した過激な演出が続出。「神劇(神ドラマ)」と揶揄され、当局が今夏規制に乗り出した。

<本誌2020年9月22日号掲載>

<関連記事:内モンゴルの小中学校から母語教育を奪う中国共産党の非道
<関連記事:ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

20200922issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月22日号(9月15日発売)は「誤解だらけの米中新冷戦」特集。「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う。米中関係史で読み解く新冷戦の本質。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理

ビジネス

ロシア事業手掛ける欧州の銀行は多くのリスクに直面=

ビジネス

ECB、利下げの必要性でコンセンサス高まる=伊中銀

ビジネス

G7、ロシア凍結資産活用は首脳会議で判断 中国の過
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 7

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 10

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 4

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 7

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 8

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story