コラム

Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

鳥も酒もアイドルドラマも禁止 中国「権力に尽くす」式典の虚しさ

<「1000年前の皇帝さえ民衆と一緒に楽しさを分かち合ったのに」と、SNSに不満があふれた。こんなにも厳しかった、建国70周年式典のための規

2019.10.07
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

豚コレラによる豚肉高騰で悲鳴を上げる中国人

<「豚肉がない人生なんて!」――とても中国人には考えられない> 「高過ぎてもう豚肉が食べられない!」。中国で豚肉の値段が高騰している。地域に

2019.09.28
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

<労働組合をつくろうとするアメリカ人従業員の動きを阻止――「アメリカよりももっと資本主義」な中国人> 問:資本主義社会で資本家はどうやって労

2019.09.14
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

ファーウェイだけは「中国分裂罪」も大目に見られる

<この夏、香港やマカオを国のように扱って「中国分裂」を図ったとして、外資企業が次々につるし上げられて謝罪に追い込まれた> 今年の夏は中国に進

2019.08.31
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

香港デモと中国政府の「本音」 反中ユーザーSNSへの攻撃は止められていた

<逃亡犯条例改正に断固として反対する香港の抗議をめぐって、香港の著名人と中国政府には共通する態度が見られる> 6月以降、逃亡犯条例改正案に反

2019.08.06
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

日本の改元に中国人も大騒ぎ

<いつも歴史を自慢する中国人だが、2000年以上続く日本の皇室と元号が羨ましい> 平成から令和へ。日本の改元で一番騒いだのはもちろん日本人だ

2019.08.03
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

上海の分別強制スタートで始まった、中国「ごみ分別大戦争」

<行政当局は6月末、上海のごみ分別制度を強制的に開始し、市民生活は大混乱に陥っている> 夏に入ると、中国人の最大の関心事は米中貿易戦争ではな

2019.07.27
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

中国人のあふれる日本アニメ愛

<現代中国のほとんどの若者は日本の漫画・アニメに強い影響を受けてきた> 過ぎ去った6月、日本は大阪G20サミットの開催で盛り上がったが、中国

2019.07.12
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

中国海軍がオーストラリアで粉ミルクを爆買いする理由

<安全安心な食料品を一部の特権階級が特別に供給されることは、中国では何千年も前から継承される千古不変の伝統> 天安門事件30周年の前日の6月

2019.06.28
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

偽発明をホメた中国の市委書記の皮算用

<中国のリーダーは常識や学識より後ろ盾と人脈、忠誠心で決まる> 「水だけで走れる車が完成。世界初! 市委書記に褒められた!」。連日、米中貿易

2019.06.14

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 5

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 8

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!