コラム

Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

中国人がウイグル問題に無関心な訳 「人に迷惑をかけるな」という日本人と真逆の常識とは

<新疆綿の取り扱いを止めたブランドへのネット上の不買運動と、実店舗での長い行列が矛盾しない不思議な考え方> 最近の中国はスウェーデンのアパレ

2021.04.21 
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

渦巻く「中国すごい!」論──中国の自尊心はここまで肥大化している

「アメリカは中国に偉そうに上から物を言う資格はない。中国人はこの手は食わない」 先日の米中外交トップ会談で、中国外交のトップ楊潔篪(ヤン・チ

2021.04.06
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

福原愛を溺愛し、台湾人の夫を罵倒する中国人の心理

<「愛ちゃん」は中国のトップ選手にはまず勝てなかった、だからこそ中国人は「かわい過ぎる」存在として認めてきた> 卓球女子元日本代表の「愛ちゃ

2021.03.27
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

ネット文革時代の英雄侮辱罪は、文革時代の言論弾圧よりもひどい

<軍人への疑問や批判を許さないのは、将来の戦争への心理的準備なのか> 中国で改革開放が始まった後の40年間、華国鋒(ホア・クオフォン)は忘れ

2021.03.12
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

中国共産党「海賊版摘発」の真の狙いは国外情報ブロック

<国内ではタブーの社会問題を議論できるクラブハウスは貴重な交流空間だったが、すぐに中国政府にブロックされた> 中国人ネットユーザーにとって、

2021.02.27
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

厳戒ロックダウンで感染を封じ込める中国は「コロナの優等生」なのか

<鉄の掟で感染対策を徹底する中国の感染者数は、西側諸国と比べれば確かに少ないが......> 2020年の1月前後に新型コロナウイルスの感染

2021.02.13
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち受ける滅亡の運命

<真実を歪めなければ、わずか15年で滅亡した秦の歴史に学べるはずだが...> 「神州大地」とは古くからある中国の自称だが、近年ブームになった

2021.01.16
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

中国ネットが熱狂「チベットの美少年」を演出する国家権力

<ネット時代の中国では「流量(トラフィック)」が庶民の人生を変えるが、その裏には政府機関の情報操作が> 観光客によって偶然、中国版TikTo

2020.12.26
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

ハイテク天国・中国は老人にとって地獄

<日常生活の隅々まで浸透したキャッシュレス決済などのハイテクは、スマホに慣れた若者には便利だが、老人などの弱者には全く配慮していない> 湖北

2020.12.11
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

「川普(トランプ)が負けたらウンコを食べる!」米大統領選で対立する中国人のむなしさ

<選挙権がないのに家族同士でけんかをしたり、友人と絶交したりする始末。「川普(トランプ)」をめぐる中国人の論争は真剣そのもの> あなたは「川

2020.11.27

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 6

    子どもの自己肯定感を高める、あるアイテムと深い理由

  • 7

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 8

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 9

    【動画】旅客機の空中「チキンレース」

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中