コラム

Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

豚コレラによる豚肉高騰で悲鳴を上げる中国人

<「豚肉がない人生なんて!」――とても中国人には考えられない> 「高過ぎてもう豚肉が食べられない!」。中国で豚肉の値段が高騰している。地域に

2019.09.28
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

<労働組合をつくろうとするアメリカ人従業員の動きを阻止――「アメリカよりももっと資本主義」な中国人> 問:資本主義社会で資本家はどうやって労

2019.09.14
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

ファーウェイだけは「中国分裂罪」も大目に見られる

<この夏、香港やマカオを国のように扱って「中国分裂」を図ったとして、外資企業が次々につるし上げられて謝罪に追い込まれた> 今年の夏は中国に進

2019.08.31
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

香港デモと中国政府の「本音」 反中ユーザーSNSへの攻撃は止められていた

<逃亡犯条例改正に断固として反対する香港の抗議をめぐって、香港の著名人と中国政府には共通する態度が見られる> 6月以降、逃亡犯条例改正案に反

2019.08.06
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

日本の改元に中国人も大騒ぎ

<いつも歴史を自慢する中国人だが、2000年以上続く日本の皇室と元号が羨ましい> 平成から令和へ。日本の改元で一番騒いだのはもちろん日本人だ

2019.08.03
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

上海の分別強制スタートで始まった、中国「ごみ分別大戦争」

<行政当局は6月末、上海のごみ分別制度を強制的に開始し、市民生活は大混乱に陥っている> 夏に入ると、中国人の最大の関心事は米中貿易戦争ではな

2019.07.27
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

中国人のあふれる日本アニメ愛

<現代中国のほとんどの若者は日本の漫画・アニメに強い影響を受けてきた> 過ぎ去った6月、日本は大阪G20サミットの開催で盛り上がったが、中国

2019.07.12
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

中国海軍がオーストラリアで粉ミルクを爆買いする理由

<安全安心な食料品を一部の特権階級が特別に供給されることは、中国では何千年も前から継承される千古不変の伝統> 天安門事件30周年の前日の6月

2019.06.28
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

偽発明をホメた中国の市委書記の皮算用

<中国のリーダーは常識や学識より後ろ盾と人脈、忠誠心で決まる> 「水だけで走れる車が完成。世界初! 市委書記に褒められた!」。連日、米中貿易

2019.06.14
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

怪しげな漢方で中国の伝統復興?

<日本人は漢方に対して特に抵抗がないようだが、発祥地の中国ではいつも賛否両論になる> 米中貿易戦争真っただ中のいま、中国の米国製品への報復関

2019.05.31

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!