コラム

長く生き残る秘訣は自然界でもビジネスでも同じ/underpin(根拠になる)

2018年01月25日(木)17時57分
長く生き残る秘訣は自然界でもビジネスでも同じ/underpin(根拠になる)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
How to build a business that lasts 100 years
https://www.ted.com/talks/martin_reeves_how_to_build_a_business...

登壇者:マーティン・リーブズ

人間は100年生きるというコンセプトが最近注目されているが、ビジネスの寿命はどうだろうか。経営コンサルタントであるマーティン・リーブズ氏は最近、顧客の社長からこう聞かれたという。「わが社がこれから先100年存在し続けるためには、何をすべきか?」

アメリカの上場企業の平均寿命は30年という短さであるため、これはそう簡単な問いではない。答えを出すべく、リーブズ氏は生物学者に相談し、回復力が高く、寿命が長い自然界のシステム(例えば熱帯雨林)や人間の手によって長く生き残ったシステム(例えばローマ帝国やカトリック教会)を分析した。

その結果、リーブズ氏はそれらに共通する6つの特徴を見つけ出した。そして、この特徴というのはまさに変化に対応する能力なのだと彼は言う。80年代半ばからグローバル化と技術や通信における革命が同時に起き始め、その結果、ビジネスが置かれる環境は過去と比べてますますダイナミックで予測できないものとなってきている。

そのため、そういった目まぐるしく変化する状況を反映し、柔軟に対応できるようになることが必要であると彼は言う。

このTEDトークは、日本企業の例を複数取り上げているという点からすれば日本人にとって馴染みがあるとも言えるが、安定的な環境に適した経営を形作ってきた日系企業にとっても非常に重要なメッセージとなるものなので、ぜひ一度見ておくことをお勧めしたい。

キーフレーズ解説

underpin
根拠になる
(動画6:00より)

underpinのもともとの意味は建築に由来しており、弱い構造を下から支えるというニュアンスを持つ言葉として使われています(例えば、地下に強い基礎を作るためなど)。そこから派生して、何かのコンセプトや主張を根拠づけるという意味を持つようになりました。

今回のTEDトークでは後者の意味で使われており、リーブズ氏は人間の免疫システムをunderpinするものについて説明しています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●Blockchain technology underpins the cryptocurrency industry.
(ブロックチェーン技術は暗号通貨業界の基礎になっている)

●He attacked the analysis that underpinned the report.
(彼はレポートの根拠になっていた分析を非難した)

●Scholars say that Protestantism underpins American values.
(学者によると、プロテスタンティズム〔キリスト教プロテスタント主義〕はアメリカの価値観を裏付けている)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 6

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 7

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 8

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!