コラム

マイクロソフトを辞し、アフリカに帰って大学を作った男/Brought to the brink of(~の寸前まで追いやられる)

2016年02月10日(水)15時48分
マイクロソフトを辞し、アフリカに帰って大学を作った男/Brought to the brink of(~の寸前まで追いやられる)

【今週のTED Talk動画】How to educate leaders? Liberal arts - Patrick Awuah
https://www.ted.com/talks/patrick_awuah_on_educating_leaders

登壇者:パトリック・アウア

 パトリック・アウアはガーナ出身で、奨学金を得てアメリカの有名なリベラルアーツ・カレッジであるスワースモア・カレッジに留学した。アフリカで事実を暗記するだけの教育を受けてきた彼は、そこでクリティカルシンキング(批判的思考)のスキルを鍛えられたという。その後、マイクロソフトのアメリカ本社に就職したものの、アフリカで起きていた様々な問題を外から見ているうちに、自分がアメリカで学んだことを活かし、アフリカに戻ってアフリカのために何かをしなければならないと感じるようになった。

【参考記事】アイビーに比肩する名門のリベラルアーツ・カレッジがある

 何をするべきか? 彼は問題を分析するうちに、その根本的な原因はリーダーシップの欠如にあるのではないかと考えるようになった。そして、その課題を解決するために大学を設立し、そこでリベラルアーツ教育――すなわち、職業訓練のための教育ではなく、人の知的能力を育成する目的の一般教養的な学問――を提供し始めた。このTED Talkでは、そのような教育のメリットと重要性について語っている。彼の活動の舞台となるアフリカの現状は、先進国に住む私たちの日常からはあまりにも乖離しているように思えるかもしれないが、「考える」とはどういうことなのかについて、得られる教訓は多い。

キーフレーズ解説

Brought to the brink of
~の寸前まで追いやられた

(動画6:10より)

 この動画では、アウア氏がガーナの問題について語る際、国のリーダーたちが間違った意思決定をして、brought our economy to the brink of collapse(我が国の経済が崩壊の寸前まで追いやられた)と説明しています。この表現にあるbrinkの文字通りの意味は「崖っぷち」で、「~の手前」や「直前」というニュアンスを持っています。Broughtは「~に運んで来られた」という受け身形で、誰かの行動によってそうされた、という意味になります。その対象(=そうされたもの)は必ず「ネガティブな現象」、つまり「起こって欲しくないもの」であり、ポジティブな現象にはこの表現は使いません。

 典型的な使用例を紹介します:

●The poor management brought the company to the brink of bankruptcy.
(誤った経営により会社は倒産の寸前まで追いやられた)

●Man's actions have brought many species to the brink of extinction.
(人間の〔間違った〕行動により多くの動植物たちが絶滅の危機に追い込まれた)

●Problems in the Middle East may bring the world to the brink of World War III.
(中近東の問題により世界は第三次世界大戦の危機に追いやられるかもしれません)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ワールド

アングル:イタリア総選挙、甘い公約に潜む「債務の時

ビジネス

アングル:米株の波乱「まだ終わらない」、古参投資家

ビジネス

アングル:米株市場、長期金利への反応に変化 一部に

ワールド

焦点:足元の原油安、底打ちはいつか

MAGAZINE

特集:AI 新局面

2018-2・20号(2/14発売)

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

  • 8

    北朝鮮の飢きんが生んだ「人造肉」 闇市と人民の工…

  • 9

    宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

  • 10

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!