コラム

2024年大統領選、バイデンは立候補するのかしないのか

2022年09月21日(水)10時45分

今出馬を表明すると中間選挙で票が減る? Jonathan Ernst-REUTERS

<この時点でバイデンが次期大統領選に「出馬するかどうか白紙」と表明するのは、極めて不自然なこと>

アメリカで新たな大統領が選出された場合、当初から4年後の次の選挙を意識することになります。就任2年後の中間選挙で苦戦しても、その後は巻き返して「再選」を目指すというのが当然とされています。

ちなみに、再選にチャレンジして落選した大統領というのは、戦後で考えてみると意外に少なく、カーター、ブッシュ(父)、トランプの3人しかいません。現職が負けるというのも異例なら、そもそも現職が出馬断念に追い込まれるとか、予備選で負けるということも非常にまれです。

戦後の米政治史で、出馬断念に追い込まれた大統領は、リンドン・ジョンソンだけです。彼は、1963年にケネディ大統領が暗殺された時に、副大統領から昇格しましたが、その際にケネディから引き継いだ残りの任期が2年未満だったので、64年の選挙で勝った4年後の1968年にも出馬の権利がありました。ですが、ベトナム戦争の泥沼化の責任を取る格好で、出馬を辞退しました。

ですから、仮に一期目の大統領が、再選をかけた選挙に出ないで4年1期で引退するとなれば、これは戦後初であり、非常に珍しいことになります。

現在、ジョー・バイデン大統領の状況は、その瀬戸際と言えます。

高齢批判の深層心理

まず、世論調査の数字が危険信号となっています。支持率の低下は、ここへ来てインフレがやや鎮静化したので、42%前後で下げ止まっています。ですが、例えば、CNNの世論調査によれば民主党支持者の75%が「バイデン続投を望んでいない」などという数字が出ています。NPR(公共放送)の調査では、若者世代におけるバイデン大統領への積極的な支持は5%だけというデータもあります。

理由は何かというと、高齢批判です。大統領にとって厄介なのは、この「高齢批判」が二重構造になっているということです。

どういうことかというと、表面上では健康や判断力低下への不安があります。具体的には、大統領が自転車で転んだとか、コロナに感染して隔離されたなどというニュースが流れると、支持率は下降するわけです。ですが、若者層の声を総合すると、大統領に健康不安があるから心配という心理の奥には、世代が違いすぎて自分たちの声が届かないという強い不満があるというのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、企業に手数料廃止や値下げ要請 高

ビジネス

TikTok、売却回避に向けた計画が前進=米紙

ビジネス

英ポンド、対ドル等価割れへ 下落は「経常収支危機」

ワールド

ブラジル大統領選、ルラ氏が支持率リード小幅拡大=世

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中