コラム

テレワークが定着した今、米企業は社員を出勤させられるか?

2021年07月07日(水)16時00分

パンデミックを経て在宅勤務はアメリカで完全に定着した martinedoucet/iStock.

<「オフィスに戻れ」という指示が出た企業では、従業員からの反発も出ている>

バイデン大統領は、7月4日の独立記念日には「ウイルスからの独立」を祝おうと、この日までには、少なくとも1回のワクチン接種をアメリカの全人口の70%に対して実施するという目標設定をしていました。

当初は、1日に300万人などというハイペースでの接種が進められましたが、5月から6月にかけて接種のスピードは急減速し、結果的にはこの独立記念日の時点での接種率は67%でした。それでも、予定通り全米では大規模な花火大会が開催される一方で、連休ということもあって国内旅行の人出はパンデミック以降では、空前の規模となりました。

そうしたムードの中で、全米でコロナ関連の規制はほぼ解除に向かっています。ワクチン接種率の減速だけでなく、デルタ株の流行など心配な点は多くあるのですが、今回の花火大会を契機として「社会の再オープン」という雰囲気がどんどん拡大しています。

そこで問題となっているのが、リモート(テレワーク)勤務を継続するかどうかという選択です。

アメリカでは、コンピューター・ソフト関連、金融などを中心とした知的産業、そして全産業における事務(アドミ)機能については、2020年3月以降は現在まで、ほぼ100%が在宅勤務となっています。

在宅勤務が完全に普及

この在宅勤務ですが、すでに1年以上が経過する中で大きな問題は報告されていません。回線、ハード、ソフト、運用を通じたセキュリティの確保については、ほぼ完全に普及していますし、そもそもパンデミック以前からシリコンバレーなどでは50%在宅勤務というような企業も多かったのです。

アメリカの場合は、一人一人の役割分担が明確に「ジョブ・ディスクリプション(職務要件書)」で決められていますし、個別のタスクやプロジェクトの責任範囲、到達目標、スケジュールの管理も個人別であり、多くの場合はアプリで進捗管理がされます。

各企業が独自の仕事の進め方にこだわって、実務は対面での伝承を主とするなどということもありません。ですから、在宅で集中する方が、何かと無駄な時間の多いオフィスに出勤するよりも生産性が向上するというのは経営の常識になっています。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

米、外国人渡航者にワクチン接種義務付けを計画=政府

ビジネス

米インフラ法案、数日内に最終採決も 5日のCBO見

ビジネス

ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧迫

ビジネス

FRB当局者、予想より速い支援策縮小を示唆 見解は

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中