コラム

米大統領選の行く末を左右するコロナ危機

2020年04月09日(木)16時40分
米大統領選の行く末を左右するコロナ危機

3月初めのスーパーチューズデーとその翌週の予備選で勝負はほぼ付いていた Lucas Jackson-REUTERS

<事態が早期に収束すれば現職トランプ有利、長期化すれば野党・民主党にとって有利となるはずだが......>

今週8日、10万人と言われる支持者が視聴する中で、バーニー・サンダース候補は動画のライブ配信を通じて、2020年の大統領予備選からの撤退を表明しました。民主党の統一候補を選ぶ予備選では、事実上、ジョー・バイデン候補が圧倒的に優勢となっていましたから、衝撃というほどではありませんが、これで2020年の大統領選をめぐる動きが大きく変化したのは事実だと思います。

そもそも、3月3日のスーパーチューズデー、その翌週のミニチューズデーで、バイデン候補が圧勝した時点で、予備選の勢いはほぼ勝負が付いた感じになっていました。3月10日の時点では、15日に両者一騎打ちのテレビ討論は行うが、その後にサンダースは撤退するかもしれない、そんな噂も流れていたぐらいです。

しかしながら、その後は新型コロナウィルスの感染が急拡大する中で、医療制度への関心が高まる一方で、サービス業を中心に多くの失業者が発生。そこで「国民皆保険実現、格差是正」というサンダースの主張には説得力が出ていました。一方で、ニュースがコロナウイルスの問題で埋めつくされる中で、サンダースの撤退声明を出すタイミングが見つからなかったという状況もあると思います。

では、なぜこの4月8日になって発表したのかという点ですが、3つ指摘できると思います。

感染のさなかの予備選継続はもう無理

1つは、コロナ問題の風向きが変わったということです。この日、ニューヨーク州では24時間で779人という死者を出し、クオモ州知事は悲痛な会見を行っていましたが、同時に1日の入院者数、ICU入りした重症者数などは、大きな低下を示しており、増加カーブがフラットになってきていたのです。誰も安心はしていないが、ふと今後のことが気になる、そんなタイミングが初めてやってきた、そこで発表に踏み切ったということはあると思います。

2つ目は、前日のウィスコンシン予備選です。共和党サイドの工作もあって、リアルな投票所に行って投票することを強いられた有権者たちからは、悲痛な声が上がっていました。そこであらためて、コロナ問題を抱えた現状で各州の予備選を継続することはもうムリだという判断が出たのだと思います。

3つ目は、オバマ前大統領の存在です。予備選への関与はしないと言明していたオバマですが、ここ数週間、何度もサンダースと電話会談を行っていたそうです。恐らくはオバマが乗り出すことで、「民主党の一本化調停」がなされたということなのでしょう。

さて、このニュースですが、基本的には好感をもって受け止められています。例えば乱高下している株式市場も、このニュースには反応してダウは高値となっています。また、コロナ一色となっていた各局の夕方のニュースでは、この「サンダース撤退、バイデン一本化」が久々の政治ニュースとして取り上げられていました。

では、今後の政局はどうなるのかというと、そこには1つのパラドックスが待ち構えているのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

中国本土のコロナ新規感染者は16人、過去3週間近く

ワールド

米抗議でジャーナリストの被害相次ぐ、ロイターの2人

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(1

ワールド

ベルギー王子がコロナ陽性、スペインで人数規制違反の

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!