コラム

「愛国」という重荷を背負った中国国産旅客機

2017年05月10日(水)17時30分

<中国初の国産旅客機のニュースにネットでは称賛が溢れているが、エンジンシステムなど主要な部分はアメリカ製。それでも国産と宣伝される愛国主義こそが最大の「重荷」>

中国商用飛機有限公司(コマック)の開発する旅客機C919は5月5日午後、上海浦東空港で初飛行に成功した。これは、業界の二大巨頭ボーイングとエアバスに対する中国航空工業界の挑戦である。そして、かつての「中国商業航空の夢」が数十年後にようやく迎えた夜明けでもある。

今回、どの中国メディアも「中国初の国産旅客機が初めて公開飛行した」と報じた。しかし中国共産党は1970年、「運10」という旅客機プロジェクトを許可。独自に研究を重ね、1980年に「運10」の初飛行に成功した。その後、何度も飛行テストは行われたが、この後に生まれた「つくるより買う、買うより借りる」という風潮のせいで、最後は予算不足を理由に開発停止になり、研究開発チームは解散した。

上海航空機製造有限公司の工場エリアには、今も1機の白い「運10」旅客機が置きっぱなしにされている。飛行機の前には「永遠に諦めない」と刻まれた石碑があり、当時の技術者たちの無念の思いを伝えている。

今回の試験飛行したC919は、150座席以上の中・短距離旅客機だ。このクラスの市場は巨大で、主要なライバルはボーイング737とエアバスA320の主力2機種。初飛行したばかりのC919もすでに570機の注文を獲得しているが、その大部分は中国の航空会社からのものだ。この「業績」は中国政府の命令あるいは圧力による成果のようにも見える。

すでに中国の飛行許可は得ているが、米連邦航空局(FAA)と欧州航空安全機関(EASA)の耐空証明を獲得しなければ、国際市場への道は開けない。

C919の初飛行成功後、中国人の愛国主義的感情に再び火が付き、ソーシャルメディアは称賛の声一色だった。共産党の絶え間ない教育によって、「百年の遅れ」という屈辱の近代史を背負わされてきた中国人は、今回の試験飛行で晴れ晴れとした気持ちになったことだろう。

しかしネット上の批判的な人々は、この旅客機の国産化率が実は高くなく、最も中心となる部品――エンジンなどのシステムがアメリカで生産されたか、あるいは中国と外国企業の協力で完成したことを知っている。しかしC919の機体と空力形状はほとんどすべて中国製だ。大型民間旅客機の開発と製造は簡単ではなく、外国製部品を組み立てたからと言って外国製だとも説明できない。それ故、C919は共産党の愛国主義宣伝に使われている。

外国製部品を組み立ててつくられた製品なのか中国オリジナルなのかに関わらず、C919は乗客と貨物以外の任務を積載している――愛国主義の宣伝だ。私はこれこそ、C919が離陸するときの最大の重荷だと思う。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見

ビジネス

FRBのリバースレポ取引額、7558億ドルと最高 

ワールド

原油先物は約2%安、FRBタカ派化受けたドル高が重

ビジネス

米、台湾に「極めて近い将来」75万回分のワクチン提

>

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中