コラム

「愛国」という重荷を背負った中国国産旅客機

2017年05月10日(水)17時30分


≪中国語原文≫
■以爱国的名义起飞

中国商用飞机有限公司研制的C919客机5月5日下午在上海浦东机场首次飞行成功,标志着中国航空工业正式向这个行业的两大巨头----波音公司和空中客车公司发起了挑战,而中国的商业航空之梦也在几十年后看到了美梦成真的曙光。

中国官方媒体普遍以"中国第一架国产客机进行公开首飞"报道此事,然而早在1970年,中共已经批准"运10"客机项目,到了1980年,中国自己研制的"运10"客机首飞成功,随后更多次进行飞行测试。可后来出现了"造不如买,买不如租"的思潮,最后以预算资金不足为理由停止了"运10"的开发,团队解散。上海飞机制造有限公司厂区至今停放着一架白色的"运10"客机,飞机前刻着"永不放弃"的石碑,仿佛一直在诉说着当年工程师们的遗憾。

这次试飞的C919是150座以上中短程客机,这个级别是非常巨大的一个市场,主要竞争对手是波音737和空中客车A320这两大主流机种。才刚完成第一次试飞,C919已经获得了570架订单,订单大部分来自中国的航空公司,这样的业绩也可以视为中国政府行政命令压力下的成果。虽然已经拿到了中国的飞行许可,然而只有获得美国FAA和欧洲EASA适航证,才能打开国际市场。

C919的首次飞行成功后,中国人的爱国主义情绪再次被点燃,社交媒体上一片颂扬之声。被中共不断教育,背负着上百年落后屈辱近代史的中国人,在这次试飞后似乎可以扬眉吐气了。可是网上的批评者认为,这架客机国产化率不高,最核心的部件----发动机等系统是美国生产,或者中外合作完成。不过,C919的机身和气动布局则几乎全部由中国完成,从某种程度上来说,大型民用客机的研制和制造并不简单,确实不能仅仅用零件组装来解释,这也是C919为什么能被中共用来激发爱国主义情绪的原因。

不管这架飞机是组装产品还是本国原创产品,C919都承载着乘客和货物以外的任务----宣扬爱国主义,我想这才是C919起飞时最大的负荷。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、中国の習主席との関係に変化 コロナ禍で

ワールド

定期歯科検診は先送りを、エアロゾル感染巡り研究必要

ビジネス

米卸売物価、7月は前月比0.6%上昇 抑制基調続く

ビジネス

中国、新工業情報化相に肖亜慶氏、中国アルミ社長など

>

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!