コラム

キリスト教を弾圧する「現代のローマ帝国」共産党を待つ未来

2015年08月10日(月)15時30分

 今回の漫画は、中国浙江省で1年余り続く大規模な十字架の破壊活動についてのものだ。

 現在の浙江省トップである党委員会書記の夏宝龍(シア・パオロン)は習近平(シー・チンピン)の政治的盟友で、多くの政治アナリストが浙江省でのこの破壊活動と習が関係あると見ている。同省温州市のシンボル的建築物である有名な三江教会は4月28日、「違法建築」を理由に夏の命令で強制撤去されたが、それ以前から浙江省のほかの地域で教会の十字架を破壊する活動は続いていた。三江教会が壊された後、大規模な十字架破壊活動は本格化。キリスト教徒たちは一貫して抵抗したが、多くの信者が十字架を守ろうとして警察に打ちのめされた。

 統計によれば、浙江省全省で1500の教会の十字架が破壊され、中には火を付けて焼き払われたものもあったという。しかし浙江省の数百万人の信徒は屈服せず、十字架を大量に自作した。壊したければ壊せばいい、無法な戦いを続けるなら、我々は車の中に、家の玄関に十字架を掲げる--彼らはこう語っている。

 共産党政府はなぜキリスト教を迫害するのか。西側諸国の近現代社会における三権分立や人権など「普遍的価値観」と関係する思想や道徳観は、多くがキリスト教文化の影響を受けているが、中国のキリスト教も例外ではない。世俗の権力に屈しないキリスト教徒は共産党の統治にとって大きな「危険要素」であり、「目の中のクギ」になっている。法輪功を除けば、キリスト教は80年代の改革開放が始まった後の中国で最も厳しい弾圧を受けた宗教の1つだ。

 一方で、共産党政府は一貫して「共産主義信仰」を捨ててこなかった。中国では共産党員は必ず無神論者でなくてはならず、共産党は無神論者にとっての宗教と化している。共産党自身は国家権力を独占しているため、ある意味中国はただの強権国家でなく、政教一致国家になっている。

 キリストを十字架で処刑した後、ローマ帝国はコンスタンティヌス1世が公認・帰依するまで、長期にわたってキリスト教徒を迫害し、殺し続けた。そして中国では49年以降、教科書でも共産党系メディアでもキリスト教は「精神のアヘン」と呼ばれ続け、清朝末期の伝道師たちは帝国主義の手先とされている。悪意に満ちた宣伝活動以外にも、共産党は現在の狂ったような十字架破壊にいたるまで、一貫して実際の行動の上でもキリスト教を弾圧し続けている。

 2000年前のローマ帝国はキリスト教に勝つことはできなかった。習大帝にもおそらくそれは無理だろう--私はそう思う。

<次ページに中国語原文>

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ビジネス

FRB、利上げよりも「かなり前」に緩和縮小の公算=

ビジネス

JPモルガン、第1四半期利益が5倍増 引当金の戻入

ビジネス

ゴールドマン、第1四半期は大幅増益 SPAC上場・

ビジネス

東芝社長交代、CVC提案前に進退問う動き 車谷氏は

>

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 8

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 9

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 10

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    青色の天然着色料が発見される

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中