注目のキーワード

宗教

Newsweekアーカイブ『宗教』に関する記事一覧

死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか
宗教学

死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

<「仏」とは何だろうか。日本人は伝統的に3種類の仏を考えてきたという。宗教学者が「死」を通して「生(...

2018.08.15
死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた
宗教学

死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

<生前に善いことをしようが悪いことをしようが関係ない? そんな考えの宗教もかつてはあった。宗教学者が...

2018.08.14
亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい
宗教学

亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

<親しかった人を亡くして、気配を感じることがあっても、それにはちゃんと理由がある。宗教学者が「死」を...

2018.08.13
インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々
性暴力

インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

<村人の「心の支え」だった呪術師は、用意周到に少女と周りの人びとをマインドコントロールしていた> ...

2018.08.08
オウム死刑執行を支持する中国政府の狙いは、法輪功弾圧の正当化か
中国

オウム死刑執行を支持する中国政府の狙いは、法輪功弾圧の正当化か

<中国政府は、オウム真理教の元幹部7人の死刑執行を支持することで、法輪功への弾圧の正当化とその継続へ...

2018.07.19
ロシアでエホバの証人狩り、ソ連「宗教弾圧」の悪夢再び
宗教

ロシアでエホバの証人狩り、ソ連「宗教弾圧」の悪夢再び

<過激派組織扱いで取り締まりを強化――集会所を閉鎖し信者を逮捕する暴挙はロシア正教会の差し金かプーチ...

2018.07.17
        
オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

<日本人は無宗教というけれど、多くの人は「宗教っぽい何か」を信じている。その現実と向き合わないと、次...

2018.07.13
世界最多のイスラム教徒擁するインドネシアで過激思想が浸透? 温床はモスクと大学
イスラム過激派

世界最多のイスラム教徒擁するインドネシアで過激思想が浸透? 温床はモスクと大学

<多民族国家のインドネシアは、宗教においても信教の自由が保証されている。だが、過激思想を訴える勢力が...

2018.07.12
地下鉄サリンから23年、オウム事件と日本社会の変化
日本社会

地下鉄サリンから23年、オウム事件と日本社会の変化

<現在では先進国全体が当時の日本と同じ問題に直面している――混迷と動乱の時代、カルトの説く「真理」が...

2018.07.12
牛肉はOKだがチーズバーガーはNG ユダヤ教を15の疑問で読み解く
基礎知識

牛肉はOKだがチーズバーガーはNG ユダヤ教を15の疑問で読み解く

<どんな神様を信仰しているのか、ラビとはどんな人物か、食べてはいけないものはあるのか......。ユ...

2018.07.06
資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら