Picture Power

【写真特集】母国がにじむ中国系住民の郊外的日常

THE SUBURBAN CHINATOWN

Photographs by JESSICA CHOU

2021年06月19日(土)16時15分

『 ダンス大会でヒップホップの練習をする高校のダンスチーム』(アルハンブラ、2019年)

<アジア系へのヘイトクライムが急増するアメリカで、今アジア系住民は「われわれは何者なのか」と自問している>

コロナ禍のアメリカでアジア系住民に対する憎悪犯罪が急増するなか、アメリカに生きるアジア系移民が自問している問いがある――「われわれは何者なのか」と。

米西海岸にはアジア系移民がコミュニティーを築いてきた街が多くある。「郊外にできた最初のチャイナタウン」とも言われるロサンゼルス郊外のモンテレーパークは、初めてアジア系が多数を占めるようになった街だ。またロサンゼルスから車で10分のサンガブリエルバレーでは、アジア系が人口の4分の1以上を占める。

南カリフォルニアの歴史をひもとけば、この地のインフラ、農業、経済の発展は19世紀半ばに金鉱が発見され、集団で移住してきたアジア人、特に中国人に負うところが大きい。だが彼らの貢献や苦難はあまり知られてこなかった。

モンテレーパークで育った写真家のジェシカ・チョウは2013年に「郊外のチャイナタウン」と題した作品を撮り始めた。典型的なアメリカの郊外に見る中国系住民の日常は、アメリカ文化に母国のアイデンティティーを接ぎ木して構築される、移民社会のありようを映し出す。

ppchinese02.jpg

『ラモナ通りとニューマーク通りの交差点で、メキシコ系アメリカ人風の洋服を着た若者たち』(モンテレーパーク、13年)


ppchinese03.jpg

『ルネー』(アルハンブラ、18年)


ppchinese04.jpg

『モンテレーパーク第97回パレード』(ガーベイ通り、13年)


ppchinese05.jpg

『ガールスカウトのフェア』(アルカディア、19年)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナが東部要衝リマン奪還、チェチェン首長「ロ

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング