注目のキーワード

コラム

ニューヨークがコロナ前とは別の顔に──大江千里がつづる、NY最新事情

2022年04月23日(土)13時21分

愛犬「ぴーす」と自炊生活に邁進中 SENRI OE

<五番街では有名デパートが相次いで閉店し、イーストビレッジの日系スーパー「サンライズマート1号店」も今月閉店! 治安が悪化し、地下鉄を避けるニューヨーカーの間でイエローキャブ人気が復活か>

もうすぐゴールデンウイークだが、アメリカは全米50州でマスク着用義務が撤廃され、ニューヨークの劇場でもワクチン接種証明の確認義務が廃止された。日本から観光で再訪する人たちも増えるだろう。その人たちにとって、この街は前とは違った表情を見せると思う。

コロナ禍に入る前から、既に五番街の有名デパート「ヘンリ・ベンデル」や老舗高級デパート「バーニーズ・ニューヨーク」が閉店。コロナ禍が始まると多くの飲食店が閉店に追い込まれ、禁酒法時代創業の老舗レストラン「21クラブ」も閉店した。

なかでも衝撃だったのは1995年の開店以来、地元民に親しまれた日系スーパー、サンライズマート1号店が4月3日に閉店したこと。日本からの生活必需品が手に入る貴重な場所だった。理由は家賃高騰だ。

前からニューヨーク全域で借り手の決まらない店舗が増えてはいた。加えてこの憎きコロナだ。だが一方で、職を失い失業保険をもらいながらニューヨークを離れていたワーカーがいまだ完全に戻っていない状態で、街が先に復活してどの職種も従業員が足りないという現象を生んだ。

ニューヨークの食文化は過渡期だ。へこたれないニューヨーカーは新しい挑戦を始めている。レストランのオーナーである友人Aは、自社ビル店だけを残し全店閉店、全ての店のメニューをそこでオーダーできるようにした。別のレストランチェーン経営者の友人Bは、オンラインでシェフを自宅へデリバリーする方式を始め、手ごたえあり。

日常で感じる治安の悪化

イエローキャブも元気だ。ニューヨーカーはもっぱらウーバーを使うが値段が跳ね上がり、イエローキャブの需要がコロナ前より増えた。地下鉄の安全性への不安で陸移動(バス、イエローキャブ、ウーバーなど)を好む傾向もある。

街の回復が早かったのは、コロナ禍に州や国の速やかな補償があったことが大きい。おかげで経営者は即断即決、特に飲食店はアウトドアダイニングなどの策でコロナ前よりもビジネスの幅が拡大。市民も感謝してひいきのレストランをサポートし、マイナス気温のなかアウトドアでダウンジャケットを着て食事した。

しわ寄せは低所得者に行っている。ホームレスが増加し、道ですれ違う人から気軽に「お金くれない?」と声をかけられることも増えた。市長はシェルターをつくるけれど犯罪などは増えている。改札を飛び越える人や、歩道をバイクで走るデリバリー。治安のほころびを感じる。

僕が普段、自炊しているのは外食の値段高騰もあるが街が二極化して前のようにくつろげなくなったから。それに、健康が第一なので家メシに。愛犬ぴに食事2回(朝晩)手作りご飯をあげて、同じ材料で自分にも作る。

チキンの胸肉、人参、ブロッコリー、シイタケ、セロリ......。魚の安い店を見つけて、1匹2ドルほどのサバを家で焼き魚に。

ニューヨークは健在だ。打たれ強いニューヨーカーたちはここぞとばかり支え合ったりして街には前よりも活気のある「音」が聞こえている。自炊については若葉マークの僕だが、新しい時代のこの街に響く音楽をと、今日も奮闘中だ。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7、対ロ圧力強化表明へ ウクライナに「前例ない」

ワールド

豪炭素排出量、21年は1%近く増加 コロナ禍から経

ビジネス

中国、オンショア人民元の取引時間延長を検討=関係筋

ビジネス

中国恒大集団に会社清算申し立て、香港高等裁で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中